町田版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

選挙契機に地域盛り上げ 「投票所はあっち」の矢印掲げ

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
これまでに撮影した写真を矢印パネルを掲げる北村さん
これまでに撮影した写真を矢印パネルを掲げる北村さん

 任期満了に伴う町田市長選挙・市議会議員選挙まで残り一カ月となった(2月13日告示、20日投開票)。選挙の投票率向上を目的として全国的に展開されている「投票所はあっちプロジェクト」の町田版が1月15日から開かれている。選挙をきっかけに、自分の住む町に興味を持ち、盛り上げたいという人の繋がりを広げる狙いがあるという。

 同プロジェクトは特定の政党を応援するのではなく、考え方や意見の違いを越えて、同じ市や街で暮らす人たちが自分たちの社会のあり様について「ともに考える場」を作ることが目的。「投票所はあっち。」や「手ぶらでも、投票できます。」などのキャッチフレーズが入ったカラフルな矢印型のパネルを掲げ、「選挙があるんだよ、投票所はすぐそこだよ」という”選挙の風景”を作り、誰でも気軽に参加できる空気を作ろうとするもの。その町田版となる「投票所はあっちプロジェクトinまちだ」ではインスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどSNSで、矢印パネルを持った町田の人たちの写真を公開していく。

 発起人で市内在勤の写真家・北村友宏さん(=人物風土記で紹介)がすべての写真を撮り、掲載する。2021年10月の衆議院選挙では、145人が撮影に参加した。北村さんは「より気軽に、楽しい写真を通して共感が広がることで、小さな変化が起きていくことを期待しています」と話す。「この取り組みは社会運動ではなく、あくまでもパフォーマンスアートの位置づけです。町田で活躍している人を順番に紹介していきますので、面白い人がいるな、町田は面白いなと思ってもらい、結果として選挙の敷居が下がればいいなと思います」と北村さん。インスタグラムは「touhyoacch.machida」。

「選挙割」で啓発

 本町田の町田焙煎珈琲ヒルズ珈房(かぼう)の岡健司社長は2月13日〜20日の選挙期間に合わせて「選挙割」を開催する。店内の値引き商品を除いて全品10%オフに。投票したことが分かる画像を自撮りしてSNSに「#投票済み」で投稿し、店で投稿画面を見せること。または、投票所でもらえる投票済証明書を提示することが割引の条件。期間中は何度でも利用可。

 岡社長は「自分の街の選挙だと意識してもらいたい。投票率を上げることは民意に寄ることと考えています。投票に行くきっかけの一つにしてもらえたら」と話す。

店内に貼られた選挙割のポスター
店内に貼られた選挙割のポスター

町田版のトップニュース最新6

お買い物バス、出発

忠生2丁目

お買い物バス、出発 社会

地域連携で定期運行開始

5月26日号

3市連携が国事業に

町田市

3市連携が国事業に 社会

相模原・八王子と圏域調査

5月26日号

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook