町田版 掲載号:2022年3月17日号 エリアトップへ

南第2高齢者支援センターエリア 地域巡って健康探し 高齢者の閉じこもり解消に

社会

掲載号:2022年3月17日号

  • LINE
  • hatena
ポスター前に立つ南第2高齢者支援センターの皆さん
ポスター前に立つ南第2高齢者支援センターの皆さん

 コロナ下で閉じこもりがちな高齢者や地域住民に、適度な運動のための外出を促す目的で「町田の医療と介護を知ろう!ウォークラリー」が南第2高齢者支援センター管轄内(金森・金森東・成瀬が丘・南成瀬・金森一丁目アパート)で実施されている。同地域の医療施設や介護事務所がチェックポイントになっており、楽しみながら情報も得られると好評だ。

 ウォークラリーは地域内の46カ所に貼られたポスターに書かれている合い言葉(動物の名前)を5つ集めると景品が進呈されるというもの。昨年、町田第2高齢者支援センター管轄(玉川学園付近)で開催し、好評を得た。今年もコロナ禍が続いているため、エリアを変えて2回目の実施となった。景品はアルミ缶ボトルなどの町プログッズ、オリジナルお薬手帳カバー、地域の医療・介護情報冊子などで、景品交換は南第2高齢者支援センター(金森東3の18の16)と成瀬が丘あんしん相談室(成瀬が丘2の23の4)で行っている。

町ぐるみで高齢者支援

 企画したのは町田市医師会が中心となり、市と連携して運営する「町田・安心して暮らせるまちづくりプロジェクト(=町プロ)推進協議会」だ。「町プロ」では市内の高齢者の在宅療養を支えるため、医療と介護をはじめとした多職種の連携の促進等を目的とした取組みを行っている。

 ウォークラリーの用紙は景品交換所のほか、ポスターが貼られた各チェックポイントにも置かれている。実施は22日(火)まで。感染状況により中止になる場合も。最新の情報は同センター【電話】042・796・3899へ。来期の実施は未定だが、感染状況などを見ながら可能な活動を企画していくという。

 市高齢者福祉課によると町田市の高齢者率(65歳以上の割合)は2020年の統計で27%(東京全体は28・6%)。その中で、南第2エリアは27・6%とやや上回っている。同センターの菅朋宏センター長は「外出のきっかけにしてもらえれば」と呼びかけている。

ウォークラリーの用紙
ウォークラリーの用紙

町田版のトップニュース最新6

若者へ投票呼びかけ

町田市と相模原市

若者へ投票呼びかけ 社会

両サッカーチームも協力

6月30日号

水上競技 サップで世界へ

市内出身奥秋さん

水上競技 サップで世界へ スポーツ

全国大会で初 3種目制覇

6月30日号

7月より行政回収開始

小型充電式電池など

7月より行政回収開始 社会

ごみ処理施設の火災受け

6月23日号

男女平等の新プラン策定

町田市

男女平等の新プラン策定 社会

SDGs推進等新たな視点も

6月23日号

市内子ども食堂を一目で

サルビアRC

市内子ども食堂を一目で 社会

35周年事業でマップ作成

6月16日号

中1生3人、吟詠コン入賞

町田市吟詠連盟所属

中1生3人、吟詠コン入賞 文化

2人は東日本地区大会へ

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook