町田版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

町田市吟詠連盟所属 中1生3人、吟詠コン入賞 2人は東日本地区大会へ

文化

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena
(左から)小川さん、池田さん、西村さん
(左から)小川さん、池田さん、西村さん

 町田市吟詠連盟(川添吟照理事長)に所属する中学1年生3人が5月15日、品川区で行われた全国吟詠コンクール東京都大会に出場し入賞を果たした。19人が出場した少年の部で、池田桃栞さん(相模女子大学中学部)が2位、西村彩那さん(成瀬台中)が7位、小川あかりさん(忠生中)が10位にそれぞれ輝いた。池田さんと西村さんの2人は7月3日(日)に行われる東日本地区大会に出場する。主催は東京都吟剣詩舞道総連盟。

 吟詠とは詩を吟ずることで、主に漢詩に節をつけて歌う。コンクールでは指定された題目から1つを選び、審査員の前で吟ずる。音程やアクセントの正確性、歌詞を理解して歌う音楽的調和などを競い、点数順で順位が決まる。

 大会当日、3人が披露したのは、中国の詩人・杜牧の詠んだ「江南の春」。『〽千里鶯啼いて〜』で始まる春の景色を詠んだ歌だ。

 池田さんは結果について「正直、本番はうまくいったとは思わなかった。2位はとても嬉しいけど、1位を獲りたかった」と悔しそう。祖母の勧めで小学2年生から詩吟に挑戦した池田さん。「皆と違う習い事をしてみたかった」と振り返る。今も祖母とともに稽古に励み、綺麗な声を生かした吟詠を磨いている。詩吟の魅力を尋ねると「おばあちゃんと一緒にできることと、着物を着れること」と答えた。

 また、前回大会でも7位だった西村さんは、「練習不足で差が縮まらなかった。前回と同じでちょっと悔しい」と話す。発声が良く、声が遠くに届くことが持ち味の西村さん。「アクセントを強調して歌いたい」と、理想の吟じ方を追求している。西村さんは、学校の授業で好きな教科は社会科。詩吟は歴史の勉強に役に立つと感じている。

 10位で努力奨励賞を受賞した小川さんは、「もう少し上位に入るかと思っていたが、賞をもらえてうれしい」と結果を受け止める。曾祖母の勧めで小学1年生から詩吟を始めた小川さんは、詩吟について「歴史の勉強にもなるし、あいさつなどの礼儀作法も習える。普通の歌もうまくなったように感じる」と手応えを感じている様子。

 池田さんと西村さんの2人は、7月3日(日)に品川区の荏原文化センターで行われる東日本地区大会へ出場する。「もっと上手くなりたい。大会に関係なく、おばあちゃんより上手くなりたい」と池田さん。西村さんも「東日本では、1位目指して頑張りたい」と意気込みを見せた。

町田版のトップニュース最新6

若者へ投票呼びかけ

町田市と相模原市

若者へ投票呼びかけ 社会

両サッカーチームも協力

6月30日号

水上競技 サップで世界へ

市内出身奥秋さん

水上競技 サップで世界へ スポーツ

全国大会で初 3種目制覇

6月30日号

7月より行政回収開始

小型充電式電池など

7月より行政回収開始 社会

ごみ処理施設の火災受け

6月23日号

男女平等の新プラン策定

町田市

男女平等の新プラン策定 社会

SDGs推進等新たな視点も

6月23日号

市内子ども食堂を一目で

サルビアRC

市内子ども食堂を一目で 社会

35周年事業でマップ作成

6月16日号

中1生3人、吟詠コン入賞

町田市吟詠連盟所属

中1生3人、吟詠コン入賞 文化

2人は東日本地区大会へ

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook