神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2023年2月16日 エリアトップへ

多摩境周辺町内会 次代担う学生と合同パト 「地域防犯力」高める

社会

公開:2023年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
注意を呼びかけながら住宅街を回る一同
注意を呼びかけながら住宅街を回る一同

 町田市は堺地区を管轄する南大沢警察署、サレジオ工業高等専門学校、地元町内会・自治会と協働で2月9日、多摩境駅周辺の防犯パトロールを行った。次代を担う学生が、安心安全なまちづくりに向けた地域の取組を体験する事が目的で、同高専との連携は初。

 パトロールには小山・小山ヶ丘地区の響きの丘町内会、田端町内会、小山ヒルズ自治会の住民らと同高専の学生、約40人が参加。市は事前に防犯講話を行い、全国的に発生している強盗事件や市内でも被害の多い特殊詐欺の事例などを紹介。参加者らは犯罪を未然に防ぐ「地域防災力」強化の重要性などを学んだ。市では昨年から、犬の散歩や買い物、通勤・通学などの日常生活の中で見守りの目を強化する「ながら防犯」を推奨している。市職員は「一人ひとりの小さな気づきが大きな犯罪抑止につながる。パトロールの目的は不審者を探し、捕まえることが目的でなく、地域がまとまっていることを知らせ、犯罪機会を減らす意味合いがある。異変や危険個所を発見した際は警察に通報を」と説明。その後、参加者らは多摩境駅周辺の住宅街をごみ拾いをしながらパトロールした。

 日頃、自宅のある八王子市から自転車で通学しているという同高専2年の男子学生は「地域の人との繋がりの重要性を感じた。これからは通学途中でもあいさつしていきたい」と話した。市生活安全課の岡真吾課長は「町内会の高齢化などもあり、防犯活動などに関して若い担い手を増やしていく必要がある」と話し、「近隣の学生と連携する今回のケースを別の地域にも広げていく」と述べた。

町田版のトップニュース最新6

市内地名の由来、残す 

市内地名の由来、残す 

地方史研究会 冊子を発行 

5月23日

自宅電球で高齢者見守り

自宅電球で高齢者見守り

市 「人の手介さず」確立へ

5月23日

「つながる成瀬」街元気に

「つながる成瀬」街元気に

団地発信 3年で活気向上

5月16日

老化街路樹 新たな資源に

老化街路樹 新たな資源に

市 民間企業と取り組み

5月16日

「クマ痕跡」ウエブ上に

東京都

「クマ痕跡」ウエブ上に

昨年、目撃増加 対策強化

5月9日

多摩地域盛り上げ「宣言」

ゼルビアら東京3クラブ

多摩地域盛り上げ「宣言」

今季、J1で顔そろえ

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook