神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

都内協同組合 魅力高め、鶴川団地再生 リノベ 若者呼込み目指す

社会

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
リノベーションした部屋で取り組みについて語る金丸さん
リノベーションした部屋で取り組みについて語る金丸さん

 建物の老朽化、入居者の高齢化が進む団地再生の動きが町田市内でもみられる。鶴川の分譲団地では建築家やクリエイターなどで構成される協同組合が部屋をリノベーションし新たな団地生活を提案。若い世代を呼び込もうと活動を始めている。

 取り組みを進めているのは団地再生事業協同組合「だんちぐみ」(港区)。団地の魅力を若者らに伝えるため、一室をリノベーションし新たな魅力を生み出す企画や、優良な団地を「三ツ星」として認定し注目を集めるようにしている協同組合。横浜市などで取り組みを行ってきたという。

昨秋から

 だんちぐみの理事長を務める金丸典弘さんが鶴川6丁目の分譲団地に目をつけたのは昨秋だった。三ツ星団地を探すなか、築50年を超えるものの、断熱や耐震整備が進んでいることなどに惹かれ、企画に取り組むことを決めたという。

 「驚いた。ペットも入居可でこんないい条件の団地はなかなかない。三ツ星団地と認定した」と金丸さん。2LDKの空室を買い取り、若い世代が好む部屋にリノベーション。「感度の高い若者層を呼び込み、活気を生んでいければと思う」と話し、団地の認知度をあげるため、「近隣商店街と組んだイベントを実施していきたい」と意気込む。

建て替えない

 団地の再生を目指す動きは多摩市などに広がる多摩ニュータウンでも進んでいる。老朽化した建物を建て直し子育て世帯を誘致。活気を生む取り組みなどが進行しているが、金丸さんが目指すのは「建て替えない」方法という。

 「建て替えるには大きな負担がかかるため、どこでもできるものではない。継続していけることをやっていきたい」と金丸さん。今後は自身が小学生時代などを過ごした多摩ニュータウンの再生にも関わっていきたいという。「団地生活は楽しい。それを伝えていければと思う」

 金丸さんが手がけた団地については「だんちぐみ」のHPなどで。

独身女性などをターゲットにしたという室内
独身女性などをターゲットにしたという室内

町田版のトップニュース最新6

猛暑の脅威 町田でも

猛暑の脅威 町田でも

市 熱中症対策に施設開放

7月11日

「高校生枠」設け、着用促す

自転車ヘルメット補助金

「高校生枠」設け、着用促す

町田市 今月、受付開始

7月11日

「トリマー技術」保護に生かす

成瀬在勤森野さん

「トリマー技術」保護に生かす

コンテストで先ごろ、優勝

7月4日

障害者理解に部発足

町田市議有志ら

障害者理解に部発足

パラスポーツ通じ目指す

7月4日

タッチラグビーW杯へ

本町田在住奈良さん

タッチラグビーW杯へ

7月開催 世界一目指す

6月27日

女性建築家らが活動10年

女性建築家らが活動10年

町田でも 「目線」家づくりに

6月27日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook