八王子版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

八王子市 子育てママ 気楽に外出 「授乳」「おむつ替え」場所充実

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 八王子市は「授乳、おむつ替え」等ができる設備・場所の充実に力をいれている。9月からは屋外用の設備「ベビーテント」を導入。一方、都による”子育てにやさしい”プライベートスペース「赤ちゃん・ふらっと」の、市内での設置率は民間施設において特に高い数字を出している。

イベント用「テント」

 市では9月1日から「授乳・おむつ替え用ベビーテント」を用意し、市内で開催するイベントでの貸し出しを開始した。

 子育て中の母親らに、赤ちゃんと安心してイベントに参加してもらうことが目的。テントは約2メートル四方で、中が見えにくい造りになっており、テントの他に授乳用の折りたたみ椅子などもセットとしている。

 テントは6日に明神町で行われたイベントで早速使われ、10組ほどの利用があった。市によると、利用者からは「有難かった」「靴を脱いでから授乳やおむつ替えができるのでテントは便利」などの感想があったそう。

 市では国の地方創生先行型交付金の対象となる様々な「子育て」事業を展開している。その事業のひとつ「外出支援策の充実」として、6月から八王子駅周辺3カ所でベビーカーの貸し出しを開始。今回のベビーテントはその第2弾の試みとなる。

 なお、テントの貸出し対象は、地域の乳幼児親子が誰でも参加できる市内イベントで、「市民団体・企業等が主催で市、または市教育委員会の後援を受けている」などの条件がある。費用は無料。

「安心して入れる」

 「店頭にある設備のマークを見て(安心して)来店される方もいますね」。明神町にあるカフェ「ダットッチ」の西室真希さんは話す。店舗にある授乳・おむつ替え用などのスペース「赤ちゃん・ふらっと」についてだ。

 この「赤ちゃん・ふらっと」は都が2008年から始めた取り組み。小さな子どもを連れた人が安心して外出できるよう整備された、授乳やおむつ替え等ができるスペースの愛称。「カーテン等で仕切ることができる授乳スペース」「おむつ替えができる設備」「給湯設備」などが必須となっている。

 都によると、8月28日時点で都内に1298箇所設置場所があり、八王子市内は103箇所。八王子市は特に民間施設の設置率が高いそう(都内平均値比較約4倍)。また市はマップ等で設置施設のPRを積極的にしており、市民にもよく浸透しているようだ(保護者の80%以上が認知、14年市調べ)。

 西室さんのカフェは、「おもちゃカフェ」として運営しており連日、多くの小さな子連れが訪れる。西室さんは13年、店舗のオープンと同時に市の補助金制度を利用し「赤ちゃん・ふらっと」を設置した。「市内にこのような場所がたくさんあることは、ママにとって『気楽に外出できる』のでいいと思う」と西室さん。利用者からは「設備があっても狭くて利用しづらいところもある。落ち着ける広さがあるといい」という意見もあった。

八王子版のトップニュース最新6

小中生、SNS方針へ提言

小中生、SNS方針へ提言 社会

市教委 新サミットに74人

8月4日号

「浴衣で、まち巡って」

八王子七福神会

「浴衣で、まち巡って」 文化

8カ所 初の夏開催

8月4日号

覆殿 120年ぶり修復

八王子神社

覆殿 120年ぶり修復 文化

台風被害、日本遺産認定受け

7月28日号

にぎわいにブレーキ

高尾山

にぎわいにブレーキ 社会

6月までは復調傾向

7月28日号

前田さんに首相感謝状

行政相談委員

前田さんに首相感謝状 社会

八王子で初の受彰

7月21日号

八王子まつり、3年ぶり

八王子まつり、3年ぶり 文化

8月3日間 神輿渡御は中止

7月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月4日0:00更新

  • 7月21日0:00更新

  • 7月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月4日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook