多摩版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

東京五輪・柔道の解説を務めたオリンピックメダリストの 松本 薫さん 多摩市内在住 34歳

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena

「優しい着眼」もつ元野獣

 ○…解説業は2019年の引退直後から。「着眼点が良い」と評価され、現在仕事が増えているところだ。8月の五輪では日本選手の調子や心理を見極めた解説に「分かりやすい」との声を受けた。心がけていたのは、当人が聞いても「不快にならないように」――。現役当時、自身が強みとした勝負の駆け引きを「卑怯」と解説され、両親を悲しませてしまったことが背景にはある。「今回、日本選手は強かったです」

 ○…現在は現役時代所属した会社に残り、アイスクリーム店の運営に携わる。アレルギーに配慮するなど「身体に優しい」商品を提供する店で「看板」としてだけではなく、商品開発などにも関わる毎日だ。一方で店ではムードメーカー役も。「ボケ」て場を和ますのは現役の時からの役割でもある。「店は昨年から通販のみ。早く店を開きたいですね」。販売員の顔になりそう話す。

 ○…多摩の自宅では4歳の娘ともうすぐ2歳を迎える息子の育児に悪戦苦闘中。一緒に牛乳パックですべり台をつくり遊ぶなど、自身が好きなものづくりを通して子育てにあたるのが松本流だ。「ほぼ大変な毎日を過ごしています」と現役時代のニックネーム「野獣」からは想像もできない優しい顔に。「野獣はつくっていたんですよ」。世界で勝ち残るための手段だったと笑う。

 ○…子育て環境が良いと多摩へやってきて5年近く。「本当に暮らしやすい」と振り返る。息抜きになっている多摩川沿いのランニングでは顔見知りのおばちゃんたちに前日話した自身の解説について突っ込まれ、「街の人たちも温かい」と笑顔をみせる。「今、目指しているのは店を世界一にすることです」。今度は野獣を封印。笑顔で達成するつもりだ。

多摩版の人物風土記最新6

西村 卓人さん

多摩青年会議所(JC)の理事長に就いた

西村 卓人さん

町田市在住 34歳

1月20日号

渡貫 淳子さん

食品ロスなどに関する講演を2月に行う南極地域観測隊の調理隊員だった

渡貫 淳子さん

八王子市在住 48歳

1月6日号

永吉 英記さん

タブレット端末を使う授業を始めた子どもたちの健康を守る体操などを提案した

永吉 英記さん

日野市在住 50歳

1月1日号

知念 蓮さん

多摩センター駅周辺でライブを行っている「ライバー」として活動する

知念 蓮さん

八王子市在住 23歳

12月16日号

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook