大和版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

シリウス1周年記念式典で墨絵パフォーマンスを披露した 渡邊 ちょんとさん 市内福田在住

異色の経歴が「和」に

 ○…シリウスの1周年を祝う一対の墨絵。観衆が息を呑んで見つめる中、大きく「大」「和」を最初に描き、四君子(しくんし)(蘭・竹・菊・梅)と躍動する人々を表現した。「地元の大和でパフォーマンスをするのは初めてだったので嬉しかった。観客には背を向けた形なので緊張しませんでした」と安堵の表情を浮かべる。

 ○…ぼかしやにじみなど墨の特性を生かし、ダイナミックさと繊細さを兼ね備えた作風が高い評価を受けている。パフォーマンス依頼は、神社からスマホゲーム「モンスターストライク」の大型イベントまで幅広い。

 ○…水墨画家になるまでには異色の経歴を辿っている。生まれも育ちも大和。幼い頃から音楽好きで、中学から大学まで吹奏楽部でクラリネットを吹いていた。大和高校卒業後、岩手大学で獣医学を修了し、順天堂大医学部衛生学教室で助手として微量元素を扱う研究に没頭した。その後一念発起し、画業に転身。しかし、それまでは漫画やイラストなどを趣味の範囲で楽しむ程度。経験が乏しく、表現の幅が狭いことに悩んでいたとき、本屋で見つけたのが水墨画の本だった。その本の著者・小林東雲氏に弟子入りし「兎の登り坂」に。獣医学で学んだ骨格の知識が動物を描く際に役立ち、音楽を通じた人脈によって音楽コラボが実現していることなど、画業以外に培った経験や人の縁の「和」が仕事の骨格となっている。

 ○…今後は、1年間にわたり新聞連載小説の挿絵を担当するほか、モスクワで初の海外パフォーマンスが控える。「モスクワでは水墨画が注目されているので、どのような反応かとても楽しみ」。新たな芸術の可能性を、和の力で大和から世界に発信していく。
 

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク