厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

厚木交響楽団でコンサートミストレスを務める 天野 克子さん 毛利台在住 79歳

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

音楽へ「迷わずまっすぐ」

 ○…オーケストラの第一バイオリンのトップ奏者を指す”コンサートミストレス”。厚木交響楽団で30年以上トップを走り続ける。それでも「もっとバイオリンを極めたい。まだまだ足りない」と探究心は尽きない。「迷わずまっすぐ」がモットーというように、音楽の世界へただ一筋に。今年40周年イヤーを迎えた厚響。その最後を締めくくる記念演奏会を12月に控え、練習にも熱が入る。

 ○…兵庫県西宮市生まれ。小5のときバイオリンと出会う。習い始めて3日目には『ちょうちょ』をマスター。中2で全国2位になるなど、すぐに才能を開花させる。「練習は大っ嫌いで、練習しなくてもすぐ弾けた」といたずら顔。東京藝術大学へ進学し、ライバルを見て初めて「明けても暮れても練習した」。卒業後、大阪フィルハーモニー交響楽団へ入団。指揮者・朝比奈隆氏に出会い、音楽の楽しみを深める。

 ○…29歳で結婚を機にご主人の赴任先ドイツへ。「ドイツに行くからにはバイオリンは辞めよう」と決意。押し入れにバイオリンをしまったものの、1年で帰国。長女が3歳のとき、ふと気づいたらバイオリンを手にしていた。それからは自宅で教室を開き、音大で講師を務めるなど、指導者としての才能も発揮。お弟子さんから「厚木の母」として慕われている。

 ○…厚響との出会いは40歳。長男の合唱団の発表会で伴奏をしていたのが厚響だった。その演奏に心が震え、「またオケをやりたい」とバイオリン魂に火がついた。仕事をしながら活動するアマチュアオケ。「音楽の知識も深く、バイオリンにも真摯」と、リスペクトの気持ちを忘れない。

 ○…毎日3人の生徒を教え、深夜1時から3時間の自主練も欠かさない。驚きの生活スタイルに、若さの秘訣を尋ねると「精神年齢は28歳」と茶目っ気たっぷり。年齢を感じさせない明るい笑顔で、周りを照らす太陽のようだ。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

阿部 牧子さん

第37回墨神会水墨画全国公募展で文部科学大臣賞を受賞した

阿部 牧子さん

厚木市岡田在住 75歳

4月23日号

押部 修一さん

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した

押部 修一さん

第97代署長 58歳

4月16日号

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市立病院災害派遣医療チームDMATの車両デザインを担当した

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市愛甲在住 41歳

4月9日号

石井 克典さん

3月15日付で自衛隊厚木募集案内所の所長に就任した

石井 克典さん

相模原市在住 51歳

4月2日号

井上 真弓さん

舞台用背景幕が完成した長谷ささら踊り盆唄保存会会長の

井上 真弓さん

厚木市三田南在住 65歳

3月26日号

矢野 賢造さん

調理業務功労者として厚生労働大臣表彰を受けた

矢野 賢造さん

厚木市妻田北在住 56歳

3月19日号

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter