厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

お手製 薪割マシーン 飯山在住の松野正剛さん

社会

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
プレス機の知識を応用。切り替えバルブで油圧シリンダーが前後動する。直径70cmほどの大木も簡単に割れる
プレス機の知識を応用。切り替えバルブで油圧シリンダーが前後動する。直径70cmほどの大木も簡単に割れる

 暖かくなり桜もほころびはじめる、キャンプには良い季節─。キャンプにつきものの焚火に必要な薪を割る機械を、飯山在住の松野正剛さん(76)が製作した。

 薪割マシーンは2・5m×60cm×60cmほどで、ガソリンエンジンで動く仕様。固定された刃にシリンダーが力強く押し出すことで、ケヤキなどの堅い木の節部分も容易くへし割っていく。「1日あれば、2tダンプ山盛りの薪が割れる」と松野さんは笑って話す。

 近隣の里山で手入れが行き届かず、スギやヒノキ、広葉樹などが大木となって生い茂り「生活の妨げとなって困っている」という相談を受けた。さらに、薪ストーブが人気なことから、不要樹の伐採と活用を図ろうという目的もあり、手製の薪割マシーンを製作した。

 知り合いの建設機械の修理・販売店で、不要になったパワーショベルの油圧シリンダーなどを集め、現役時代に培ったノウハウを活かし製作に着手した。寄せ集めの部品に合わせ、継ぎ手やネジ、ホースやバルブなどを加工し改良。2カ月半ほどで完成した。機械製作の魅力に憑りつかれ、もう一台製作し、友人にプレゼントした。エンジンは稲刈り機とコンクリートミキサーのものを改良し取り付けている。

 薪は手間賃程度で、一般販売もしている。松野さんは「どうせ不要だった木材。有効活用してくれれば」と話している。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

束の間の「白銀」

束の間の「白銀」 社会

関東各地で積雪

1月14日号

昇格戦初戦に勝利

はやぶさイレブン

昇格戦初戦に勝利 スポーツ

次戦は23日に保土ヶ谷で

1月14日号

漂着した「軽石」展示

郷土博物館

漂着した「軽石」展示 文化

友好都市・糸満市が提供

1月14日号

のむらうこさん原画展

のむらうこさん原画展 文化

絵本の素材や道具なども

1月14日号

あなたのそばに「社協」

厚木市社会福祉協議会

あなたのそばに「社協」 社会

会長 山口泉

1月14日号

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して

厚木市自治会連絡協議会

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して 社会

会長 宮田幸紀

1月14日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook