厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

唯一無二の一生もの 晃文堂 小宮 嘉一郎(かいちろう)さん

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 「一生“ついて”まわるものだから大切にしてほしいね」。出生届からずっと、日本ではなくてはならない印鑑。現在では安価に大量生産できる機械彫りが主流だが、唯一無二の手彫りに今もこだわる印章彫刻士だ。

 中学を出てすぐ「手に職を」とその道に。昭和38(1963)年に厚木市幸町で独立し、7年後から現在の同旭町で店を構えた。元号が令和に変わり、多忙にもなったが「1月猶予があったからね」。

 通常、手彫りの際は両刃の中鋒(ちゅうほう)を使うが、今では珍しい片刃の片鋒(へんぽう)の使い手。そのため大河ドラマ『龍馬伝』の篆刻(てんこく)指導にもあたった。仕事を始めた当時から使っているという片鋒は、年期こそ入っているが綺麗に手入れがされている。

 今も定期的に書と篆刻のコンクールに出展し、時間があれば練習と制作に励む。御年83歳でも研鑽を重ねる毎日。「今も仕事ができて幸せだよ。一生勉強、体が動く限り続けていきたい」とにっこり。「判子はなくなることはない。唯一無二の良さを伝えていきたい」。現在、店は息子と一緒に二代で仕事をしている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

6団体17人を表彰

6団体17人を表彰 教育

厚木市教育委員会表彰式

7月12日号

”趣味”から生まれた自然の味

ZOOM UP

”趣味”から生まれた自然の味 経済

厚木いいはちみつ

7月12日号

看護生涯学習センターを開設

神奈川工科大学

看護生涯学習センターを開設 教育

人材育成やキャリア開発に寄与

7月12日号

厚木市議会議員選挙  振り返り

東名厚木病院で納涼祭

東名厚木病院で納涼祭 社会

7月20日 午後4時半から

7月12日号

やまゆり園で納涼祭

よりよい生き方学ぶ

よりよい生き方学ぶ 社会

長谷寺で終活カフェ

7月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク