厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

不登校や発達に特性のある子どもたちのための通信制学校を全国展開する 日野 公三さん 明蓬館高等学校校長 60歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

静かな情熱と使命感携えて

 ○…内閣府認定特区校の全国通信制高校「明蓬館高等学校」を全国に展開する。明蓬館高校の支援センターでもあるSNEC(すねっく、スペシャルニーズ・エデュケーションセンター)も全国主要都市に開設。昨年11月には厚木市旭町に湘南厚木SNECをリニューアル開校させた。昨年上梓した『発達障害の子どもたちの進路と多様な可能性』の結びでは「神に選ばれ、試練を与えられた”選ばれし人”であると昂然と顔を上げて欲しい」と、特性のある子どもを持つ母親たちにメッセージを贈った。

 ○…大学卒業後、リクルート、神奈川県の第3セクター取締役を経て、1999年に起業。その時39歳。3セク時代に通信事業に携わり、数ある電子会議室の中でも「不登校サロン」に心が動いた。小中高生、保護者が昼夜問わず情報交換をしていた。併せて県教委の仕事にも携わり、米国視察へ。アメリカには不登校生が居ないことに衝撃を受ける。民間のフリースクールやホームスクールが確立していた。そうして日本では未開拓である分野の教育にのめりこんだ。

 ○…最先端のICT技術を用いて教育環境を整えた。現在全校生徒は全国で410人。そのうちSNECには200人が在籍。社会的ニーズは高まる一方だ。今後は家庭的にも金銭的にもより難しい課題を持った生徒たちに手を差し伸べたいと考えている。「新しく認めてもらった学校なので、より困難な社会的課題に向き合いたい」と話す温度は淡々と。そして「誰も手を差し伸べようとしない対象がこんなにいるのに、無為無策でいいのか、見捨てていいのか」と。静かな情熱と使命感に満ちている。――共に生きる新時代・令和が幕を開けた。多様な支援と伴走の精神でこれからも挑戦は続く。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

神崎 寿美代さん

ヨミガタリストとして10月19日に厚木市内で地元の民話語りを行う

神崎 寿美代さん

厚木市上荻野出身 52歳

10月18日号

松浦 広明さん

世界観光倫理委員会の委員に就任した

松浦 広明さん

松蔭大学副学長 40歳

10月11日号

頼住 道夫さん

スポーツを通した子どもたちの教育に尽力する

頼住 道夫さん

厚木市飯山在住 67歳

10月4日号

河辺 裕司さん

厚木警察署の署長に9月5日付で就任した

河辺 裕司さん

第96代署長 57歳

9月27日号

森 貞夫さん

厚木税務署長に就任した

森 貞夫さん

55歳

9月20日号

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

石川 弘子さん

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した

石川 弘子さん

厚木市厚木町在住 46歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

参加募集

参加募集

中村紀洋さん講演会

11月29日~11月29日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク