厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

厚木市 複合施設整備へパブコメ 市庁舎移転など含む計画案

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
再整備エリアと周辺の地図=厚木市提供資料を一部加工
再整備エリアと周辺の地図=厚木市提供資料を一部加工

 厚木市庁舎の中町第2―2地区移転などを盛り込んだ「厚木市複合施設等整備基本計画」の案が発表され、市では現在、パブリックコメントを実施している。計画では、「いい日々、いい時間。」を基本理念に掲げ、2025年度に整備完了をめざすスケジュールなどが明記された。

 かねてより施設の老朽化、狭あい化、庁舎の分散などの課題を抱えている厚木市庁舎。新市庁舎の整備に向けて、これまでに検討委員会などでの議論や、ワークショップ、各団体との意見交換を行い、基本計画策定の準備を進めてきた。

 今回発表された計画案では、本厚木駅前のバスセンターなどがある「中町第2―2地区」に新たに複合施設が建設され、市庁舎、図書館、仮称・未来館(科学館)が入るほか、国や県の行政機関、市議会、消防本部などの機能を備える。中町立体駐車場、大型バス発着場、バスセンター、地下道、保健福祉センターの再整備も合わせて進められる。

 整備の基本理念は「いい日々、いい時間。」で、家「第1の場所」、職場・学校「第2の場所」に次ぐ「第3の場所」(サードプレイス)を創出する。5つの基本方針では、あらゆる世代の居場所や気付きの場となる、中心市街地のシンボルとして誇りと愛着を感じることができる施設などを掲げる。

 複合施設の建設予定地の敷地面積は約9000平方メートル、延床面積は約4万8700平方メートルになる。建築費は全体で約224億円となり、国と県の部分を除くと約174億円。スケジュールの目標は、22年度から建設工事が行われ、25年度末には完成する予定を立てる。市市街地整備課の担当者は、「市庁舎と図書館の複合施設はあるが、さらに科学館もある施設は全国的にもあまり事例がないと思う」と話す。市役所窓口、図書館、科学館の利用者の相乗効果を見込むほか、施設の低層部については、設計段階でフロアの構成を検討するという。

今月29日まで

 現在、市では今回の計画案について、11月29日(金)まで、パブリックコメントを実施している。資料は市役所、中央図書館、各公民館のほか、市ホームページから閲覧が可能。市市街地整備課では、「新しい複合施設を愛される、誇れるものにしていきたいと考えている。ぜひ案を見て意見を頂ければ」と話す。

 パブリックコメントで集まった意見は、同基本計画の参考となり、市では年内から年明けの策定をめざす。
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

南蛮屋本店が受賞

県優良小売店舗表彰

南蛮屋本店が受賞 文化

 炭火焙煎コーヒー店

11月22日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク