厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

著書『人生は夢マラソン』が有隣堂厚木店の文芸部門で5週連続1位を獲得した フロリダ久美さん(本名:加藤久美子) 厚木市出身 41歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

常に挑戦し続けたい

 ○…夢を実現し挑戦しつづける姿を記した著書『人生は夢マラソン 地球の裏側フロリダより挑戦は続く』が、有隣堂厚木店の文芸部門で昨年12月下旬から5週連続1位を獲得。発行は昨年10月19日だった。「最初は全然動きがなかったのに、年末に急に1位になって。信じられなかった」と素直に感想を話す。

 ○…厚木市出身。悩み多き中学時代に「日本脱出」を夢に描き、20代で渡米。国際結婚を経て、現在は2児の母として子育てをしながら「夢の見つけ方、叶え方」をテーマに講演活動などを続けている。著書では、持ち前の行動力で挑戦する姿を自然体な文章で綴る。「夢はいつか叶う」という前向きなメッセージに元気づけられる一冊だ。夢の手前で立ち止まってしまう人も多い。「上手くいかない時には思い切って止まってみるのも良い。でも、他の事でもいいから、常に動き続けることが大切。頑張れば、自然に誰かの助けが出るから」と笑顔。

 ○…明るくバイタリティー溢れる姿に目が行くが、著書では苦悩や結果が出ない焦りなども赤裸々に書かれている。「本当はすごくもがいてるんです」。この本で伝えたいもう一つの事は、夢を叶えるまでの経過。「何でもポンポンとうまく行ったわけではないんです。こんな私でも夢を叶えられた。だから、みんなの夢もきっと叶うはず」。柔和に微笑む。

 ○…今年の夏に再び渡米を予定しており、以降はフロリダを拠点に日米で活動するが、日本に戻ってきて、地元の大切さを改めて感じたという。「やっぱり厚木は自分の基盤。何かあったら、すぐに厚木神社にお参りに行くんです。いつも厚木の神様に助けてもらっていると思ってます」。大胆に、前向きに、挑戦の日々は続く。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

書道家で4月13日までアート展を開催している

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

厚木市飯山在住 45歳

4月3日号

井上 允(まこと)さん

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表

井上 允(まこと)さん

厚木市上荻野在住 72歳

3月27日号

葛巻 公司さん

吾妻団地を中心に地域活性に取り組む「ふれ愛・サロン吾妻」の理事長

葛巻 公司さん

厚木市吾妻町在住 61歳

3月20日号

落合 清春さん

フリークリエイターとして多彩な地域貢献活動を行う

落合 清春さん

厚木市宮の里在住 63歳

3月13日号

服部 惠美子さん

全国で地域で幅広く演奏・普及活動を続ける箏奏者

服部 惠美子さん

厚木市愛甲在住 

3月6日号

永里 源気さん

今シーズンから「はやぶさイレブン」でプレーし地域貢献活動にも注力する

永里 源気さん

厚木市鳶尾在住 34歳

2月28日号

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク