厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

今年度中に整備へ 小中学生全員に学習端末 当初の計画を前倒し

教育

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
導入される学習用端末のイメージ(上)。液晶部分を押して、クルッと回転させるとタブレットのように使うこともできる(下)
導入される学習用端末のイメージ(上)。液晶部分を押して、クルッと回転させるとタブレットのように使うこともできる(下)

 国が進めている、小中学校の児童・生徒に1人1台の学習用端末を整備する「GIGAスクール構想」。当初、2023年度までに取組むとしていたが、国の指針が前倒しになったことを受け、厚木市でも今年度中の整備をめざすと、8月の定例記者会見で小林常良市長が明らかにした。

 今年に入り、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、学校が休校になるなど、学習時間の確保が課題となっている教育現場。今回の学習用端末の導入で、休校などの非常時におけるオンライン授業の活用や、ICTを活用した学習活動をより推進するねらいがある。

 さらに、教師の授業準備の効率化なども見込めるため、より児童・生徒と向き合う時間が増えることにも期待する。

 今回の学習用端末の導入予算は約10億1736万円。そのうち約5億円は国庫補助金で、残りは市の予算から捻出する。導入台数は、児童・生徒のほかに教師や予備端末分も含めて1万8298台。導入するのはグーグルが開発したクロームブックで、端末はメーカーによって差異があるが、画面は11インチ程度、重さ1・5kgほどになるという。

 現在、導入の準備を進めている段階で市学校施設課では「なるべく早く導入したいが、メーカーの供給の問題もある。来年3月までには整備したい」という。同時に学校のインターネット回線、ネットワークなどの環境も年度内に整備する。同課では「学習用端末の導入で、今回のようなコロナ禍でも学びを止めることなく、いつでもどこでも学べる環境になる。将来的にも学びが広がっていくと思う」と話す。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

30本のラムネ1時間で終了

30本のラムネ1時間で終了 社会

デザイン事務所ティラミスが「青空おやつ」

9月25日号

ATGサイレン灯

音楽監督に沼尻氏 就任

神奈川フィル

音楽監督に沼尻氏 就任 文化

22年から3年間

9月25日号

秋の深紅 今年も

秋の深紅 今年も 社会

彼岸花各地で見頃

9月25日号

はやぶさ初戦を快勝

はやぶさ初戦を快勝 スポーツ

県社会人2部

9月25日号

富士山の様々な姿を描写

富士山の様々な姿を描写 文化

ロードギャラリーで写真展

9月25日号

患者さんに寄り添った病院づくり

身近な人が"あれ?"と思ったら、早めのご相談を

https://yasuragi-atsugi.or.jp/

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク