厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

舞台用背景幕が完成した長谷ささら踊り盆唄保存会会長の 井上 真弓さん 厚木市三田南在住 65歳

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

伝統文化の楽しさ伝える

 ○…制作が進められていた舞台用の背景幕がこのほど完成した、県指定無形民俗文化財『相模のささら踊り』を継承する長谷ささら踊り盆唄保存会の会長。制作は絵本画家の米山永一さんに依頼した。「率直にうれしい。絵本作家さんならではの感性が生かされていて、今までとは少し違う”新しい感じ”のささら踊りを見せられそう」と笑顔。舞台で主に市内の愛甲ささら踊り盆唄保存会との掛け合いの際に使用するという。

 ○…もともと父親が同会に所属しており、他界した後、母親が入会。その後娘が引き継ぎ、2008年から会長に。「もともと地元にあった伝統芸能ということをやればやるほど理解でき、伝えていきたいという気持ちになった」。何よりも地域の人同士の出会いと交流の場になっていることが一番の魅力と話し、会長就任時は10人ほどだった会員が、今は22人まで増えていると嬉しそうだ。

 ○…根っからの厚木っ子。娘二人は嫁ぎ、現在はご主人と二人暮らし。「お互いに相手のやる事には口を出さずに好きなことをやるのが夫婦円満の秘訣」とお茶目に笑う。国指定重要無形民俗文化財の相模人形芝居・長谷座の副座長も務めており、「昔から伝わる芸能に携わることで、改めて生まれ育った厚木の歴史などに興味を持つようになった」と話す。

 ○…コロナ禍でこの一年活動できない日々が続く。「できれば今後のことを話し合うなど、コミュニケーションだけでもとりたいのですが、高齢の方もいらっしゃるのでなかなか難しくて」と憂う。活動再開になったら特に若い人たちに加わってほしいと願う。「踊り自体は難しくないので、一度体験してみてほしい。絶対に楽しいから」と太鼓判を押した。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

阿部 牧子さん

第37回墨神会水墨画全国公募展で文部科学大臣賞を受賞した

阿部 牧子さん

厚木市岡田在住 75歳

4月23日号

押部 修一さん

厚木警察署の署長に3月22日付けで就任した

押部 修一さん

第97代署長 58歳

4月16日号

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市立病院災害派遣医療チームDMATの車両デザインを担当した

鳥居 秀生(しゅうせい)さん

厚木市愛甲在住 41歳

4月9日号

石井 克典さん

3月15日付で自衛隊厚木募集案内所の所長に就任した

石井 克典さん

相模原市在住 51歳

4月2日号

井上 真弓さん

舞台用背景幕が完成した長谷ささら踊り盆唄保存会会長の

井上 真弓さん

厚木市三田南在住 65歳

3月26日号

矢野 賢造さん

調理業務功労者として厚生労働大臣表彰を受けた

矢野 賢造さん

厚木市妻田北在住 56歳

3月19日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter