厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

厚木市文化協会美術会の会長を務める 藤巻 功さん 厚木市恩名在住 69歳

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena

創造の魅力に惹かれて

 ○…厚木市文化協会美術会の会長を今年3月から務める。6月1日から7日には第60回の会員展をアミューあつぎで開催した。「コロナ禍で影響があるなか、節目となる会員展に多くの方がご来場いただき本当にありがたい」と感謝で目を細める。会長就任後初の大仕事を終え「少しホッとしています」と笑顔。

 ○…会員数は53人。絵画教室の講師や作品を販売するプロの作家から趣味で描く人まで幅広く、作風も多彩だ。肩肘張らず、展示会では好きに描き作った作品を持ち寄り語り合う。「やっぱり『良いね』と言われると嬉しいし、他の人の作品やアイデアは刺激になる」。秋の市民文化祭では、会員だけでなく一般からの作品も募る作品展を予定している。あくまで「気軽に」。門戸はいつでも開いている。

 ○…東京生まれ、埼玉育ち。エンジニアとしてソニーに入社した縁で厚木市へ。「絵の勉強をしたことはなかった」というが、平面図から立体図を起こす仕事柄、デッサンはお手の物だった。定年後に「何か始めようか」と絵画の講座に参加し、透明水彩画の色調や緻密な描き方に惹かれていった。構図はもちろん、どの色から初めてどの色を重ねていくか、計算がものをいう世界はまさにエンジニアとしての経験がいきる。風景画を中心に多い時は年間80枚ほど描いたことも。過去の作品は全て保管し、季節ごとに自宅のリビングを飾る。会長就任で「忙しくて描ける数が減っちゃって」と苦笑する。

 ○…2人の息子は独立し、夫人との2人暮らし。2人の孫の成長が楽しみだ。以前はゴルフや釣りなどもたしなんだが、今は会長の責務に邁進する。「美術の魅力を広げていきたい。これは会としての使命でもあると思うから」

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

遊佐 貴幸さん

厚木なかちょう大通り商店街振興組合の代表理事に就任した

遊佐 貴幸さん

厚木市中町勤務 38歳

7月1日号

岡本 秀夫さん

厚木市全国県人会連合会の会長を務める

岡本 秀夫さん

厚木市金田在住 86歳

6月24日号

藤巻 功さん

厚木市文化協会美術会の会長を務める

藤巻 功さん

厚木市恩名在住 69歳

6月17日号

馬場 将和さん

愛甲商工会青年部の部長に就任した

馬場 将和さん

愛川町中津在住 40歳

6月10日号

加藤 聡さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長に就任した

加藤 聡さん

厚木市妻田西在住 53歳

5月27日号

立石 良夫さん

厚木市グラウンド・ゴルフ協会の会長に就任した

立石 良夫さん

厚木市まつかげ台在住 74歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook