神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

県央音楽家協会の会長として各地でコンサートを定期開催している 鈴木 マチ子さん 座間市相模が丘在住 63歳

公開:2024年6月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
鈴木 マチ子さん

県央にまく 音楽のたね

 ○…60人の仲間たちは県央ゆかりのプロ演奏家で、生徒をとって教える先生も多い。そうそうたる顔ぶれが、代わるがわる演奏するコンサートが人気だ。「会長といっても会場であいさつする程度ですよ」と肩を小さくした。むしろ奏者のひとりとして、異質なジャンルの仲間と化学反応を起こすのが楽しみ。作曲家の仲間もいるから、観客も常に新しい音楽に出会える。

 ○…仕事は都内や横浜がほとんどで、県央はコンサートが少ない。「それでも音楽のニーズは眠っているはず」と目を開いた。海老名市文化会館のように「響きが格別」という会場もある。大勢で力を合わせれば企画も立てやすい。「10回の練習より1回の本番。若手が舞台に立つ機会を増やしたい」と力をこめる。高校生や中学生が入りやすいよう、チケットも格安にした。

 ○…両親は声楽家で3歳からピアノの英才教育を受けて育った。音を聞き取って楽譜に記したり、ドイツ語の「ツェー・デー・エー(ドレミ)」を覚え、おやすみなさいは「ブオーナノッテ(イタリア語)」。中学生の頃に「もっと自分が楽しむために演奏したい」とバンド活動を始め、キーボードでロックやフュージョン、即興演奏など、青春を謳(おう)歌した。

 ○…東京芸術大を卒業後、声楽のプロとして歩んできたが順風続きではなかった。東日本大震災の後には公演が激減。コロナ禍では異業種の仕事もこなし「音楽以外がまったくできないと痛感した」と、今では笑いの種に。楽器としての身体を保つため、毎晩50分歩く。歩いているとつい街角の小さなステージが目に入り「いいな」と立ち止まる。音楽の芽生えを思い浮かべて。県央に開拓の余地は沢山ある。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

酒井 涼旦郎(りょうたろう)さん

初めて制作したドキュメンタリー映画を7月26日に上映する

酒井 涼旦郎(りょうたろう)さん

厚木市飯山在住 31歳

7月12日

四辻 幸恵(よつじ ゆきえ)さん

7月20日のフラワークショップで講師を務める

四辻 幸恵(よつじ ゆきえ)さん

厚木市森の里在住 40歳

7月5日

鈴木 マチ子さん

県央音楽家協会の会長として各地でコンサートを定期開催している

鈴木 マチ子さん

座間市相模が丘在住 63歳

6月30日

田中 昭一さん

書籍を市に寄贈した「荻野の歴史を学ぶ会」の会長を務める

田中 昭一さん

厚木市上荻野在住 83歳

6月28日

小瀬村 寿美子さん

厚木市ゴルフ協会の会長に就任した

小瀬村 寿美子さん

厚木市小野在住 65歳

6月21日

鈴木 慎三さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を務める

鈴木 慎三さん

愛川町田代在住 60歳

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook