伊勢原版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

伊勢原警察署 爆発物テロからバス守れ 6団体で合同対策訓練

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
本番さながらの緊迫した訓練が行われた
本番さながらの緊迫した訓練が行われた

 伊勢原警察署(岩田雅明署長)は7月20日、市内鈴川の神奈川中央交通(株)伊勢原営業所で消防や関係機関と合同テロ対策訓練を実施。当日は約80人が参加し犯人確保から爆発物処理までの手順を学んだ。

 神奈川県は2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一部競技の会場となるほか、2019年には横浜国際総合競技場でラグビーW杯が開催されるなど、大規模なスポーツイベントが予定され、テロ事件の発生も懸念されている。

 大山という観光地を抱える伊勢原市にもイベントに合わせて多くの外国人観光客が訪れることが予想される。バスなどの公共交通機関はテロ等の標的にされやすいとされており、初動措置と関係機関との連携強化が急務となっている。

 訓練は神奈川中央交通バス車内で爆発物テロが発生したと想定して実施された。伊勢原警察署をはじめ、神奈川県警第二機動隊や伊勢原市消防本部、神奈川中央交通(株)伊勢原営業所、警親会伊勢原支部、伊勢原安全運転管理者会の6団体から約80人が訓練に参加した。

 オリンピックを想定して猛暑の中で行われた訓練。多くの関係者が見守るなか、警察による事案認知から犯人の制圧に始まり、伊勢原署や市消防らと協力した第二交通機動隊爆発物処理隊が、バス内に残された爆発物を爆発物処理車や耐爆スーツを使用して処理した。

 訓練を終え岩田署長は「世界各国でテロの被害が起きている。テロ対策は未然防止がベストだが、警察だけではできない。地域の安全と安心を守るために関係機関との連携が必要不可欠となります。組織の総力をあげて訓練を重ね、テロ等の未然防止に万全を期していきたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

樂市樂座が再始動

樂市樂座が再始動 経済

24日に商業イベント

10月22日号

ナラ枯れ被害拡大

伊勢原市

ナラ枯れ被害拡大 社会

倒木の危険性呼び掛け

10月22日号

電子図書館を開設

伊勢原市

電子図書館を開設 社会

24時間貸出・返却可能に

10月15日号

2年ぶりに幽玄な舞

大山

2年ぶりに幽玄な舞 文化

能楽殿で火祭薪能

10月15日号

eスポーツの拠点 開設

竹内型材研究所

eスポーツの拠点 開設 経済

加工見学や試遊体験も

10月8日号

初の秋季関東大会へ

向上高校硬式野球部

初の秋季関東大会へ スポーツ

目標は春のセンバツ出場

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook