伊勢原版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

伊勢原警察署 爆発物テロからバス守れ 6団体で合同対策訓練

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
本番さながらの緊迫した訓練が行われた
本番さながらの緊迫した訓練が行われた

 伊勢原警察署(岩田雅明署長)は7月20日、市内鈴川の神奈川中央交通(株)伊勢原営業所で消防や関係機関と合同テロ対策訓練を実施。当日は約80人が参加し犯人確保から爆発物処理までの手順を学んだ。

 神奈川県は2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一部競技の会場となるほか、2019年には横浜国際総合競技場でラグビーW杯が開催されるなど、大規模なスポーツイベントが予定され、テロ事件の発生も懸念されている。

 大山という観光地を抱える伊勢原市にもイベントに合わせて多くの外国人観光客が訪れることが予想される。バスなどの公共交通機関はテロ等の標的にされやすいとされており、初動措置と関係機関との連携強化が急務となっている。

 訓練は神奈川中央交通バス車内で爆発物テロが発生したと想定して実施された。伊勢原警察署をはじめ、神奈川県警第二機動隊や伊勢原市消防本部、神奈川中央交通(株)伊勢原営業所、警親会伊勢原支部、伊勢原安全運転管理者会の6団体から約80人が訓練に参加した。

 オリンピックを想定して猛暑の中で行われた訓練。多くの関係者が見守るなか、警察による事案認知から犯人の制圧に始まり、伊勢原署や市消防らと協力した第二交通機動隊爆発物処理隊が、バス内に残された爆発物を爆発物処理車や耐爆スーツを使用して処理した。

 訓練を終え岩田署長は「世界各国でテロの被害が起きている。テロ対策は未然防止がベストだが、警察だけではできない。地域の安全と安心を守るために関係機関との連携が必要不可欠となります。組織の総力をあげて訓練を重ね、テロ等の未然防止に万全を期していきたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

自助・共助の基礎学ぶ

自主防災会

自助・共助の基礎学ぶ 社会

リーダー向けに研修会

6月21日号

免許証の自主返納進む

免許証の自主返納進む 社会

高齢者の交通事故も増加

6月21日号

若年層に認知症啓発

伊勢原市

若年層に認知症啓発 社会

親子でサポーターに

6月14日号

大山で豆腐作り学ぶ

台湾の中学生

大山で豆腐作り学ぶ 教育

宿坊体験型の教育旅行

6月14日号

大山がルートに

2020年東京五輪聖火リレー

大山がルートに スポーツ

来年6月29日に通過

6月7日号

再整備まもなく開始

総合運動公園

再整備まもなく開始 社会

期間中は利用制限も

6月7日号

2つの部が関東へ

伊勢原高校

2つの部が関東へ スポーツ

女子バレーとライフル射撃

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

妊娠と出産

妊娠と出産

協同病院で市民公開講座

7月27日~7月27日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク