横須賀版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

“郵便の父”称えるポスト 年内に完成予定

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 ”郵便の父”として知られ、横須賀でその生涯を閉じた前島密(ひそか)。没後95年記念事業として、胸像を乗せた郵便ポストが同氏の眠る浄楽寺(芦名2の30の5)の一角に設置される。「日本文明の一大恩人前島密翁を称える会」が計画し、日本郵便株式会社などが協力する。

 前島密は新潟県上越市生まれ。36歳(明治4年)のとき、イギリスの近代的な郵便制度に倣って日本で郵便事業を立ち上げその礎を築きあげた。退官後、芦名に別邸「如々山荘」を建設。84歳の生涯を閉じるまでそこで隠居生活を送った。郵便事業だけでなく、郵便貯金の創設や新聞事業の育成、電話の開始、早稲田大学前身校の創立など幅広い功績を残している。

 ポストの設置を計画しているのは、郵便局退職者らで作る「日本文明の一大恩人前島密翁を称える会」。青銅製で、実際に投函もできる。没後95年記念事業の一環で日本郵便と共同で進めており、同寺の一角に設置する。以前から「前島氏と縁あるこの地に特別なポストを」という計画はあったが、同寺の前には秋谷郵便局のポストが設置されていたため実現しなかった。8年前、同郵便局の移転に伴いポストが移動したことを受け、計画が具体化。同会の吉崎庄司会長は「長らく温めていた記念事業。近代郵便の父だけでない前島密の功績を知るきっかけになれば」と話す。製作には4〜5カ月かかる見通しだ。

 明日26日(土)には同会主催の墓前祭が行われる。今年16回目で、毎年遺族や郵政グループのOBが全国から集い、前島密の偉業を偲ぶ。一般の参加も可能で、当日は午前11時から浄楽寺で式典が始まる。

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク