横須賀版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

18歳選挙権 「若者を選挙に」方策探る 横須賀JCが公開討論

政治

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
18歳選挙権と投票行動につながる方策について意見交換(=ショッパーズプラザ横須賀)
18歳選挙権と投票行動につながる方策について意見交換(=ショッパーズプラザ横須賀)

 18歳以上が新たに有権者となる次期参議院選挙を前にして、まちづくり団体の横須賀青年会議所(横須賀JC)が18日、投票を呼び掛けるイベントを行った。事前募集した選挙啓発をテーマにした動画コンテストの結果発表のほか、異世代の代表がステージに登壇して投票率向上の方策などで意見を交わした。

 討論に参加したのは、鈴木立也氏(横須賀市社会福祉協議会副会長)、赤羽根丈行氏(横須賀高校PTA会長)、竹岡力氏(学生団体スカペンコ代表)、大井麻奈美氏(大学生)の4人。進行役を横須賀JCの高橋泉理事長が務めた。

 まずは前回の参院選で全国の投票率が54・13%、その内、24歳までは31・18%と若年層の投票率の低迷を確認。こうした現状の一因に鈴木氏は「(我々の時代から)主権者を育てる仕組みが教育現場にない。政治に無関心であることに罪悪感を抱くこともなかった」と学習の必要性を述べた。一方で変化の兆しはあると竹岡氏。「『18歳投票権』が各方面で取り上げられるようになり、関心を持つ人は増えている。意思表示しないと、自分が意図しない方向に導かれてしまうので注意したい」とした。

 「投票で街は変わるか」の問いには、赤羽根氏が発言。「変化を求めるのは、現状に不満があることの証左。横須賀では新たに約8000人が有権者となる。束になって声をあげれば思い描く方向に向わせることができる」とした。

 「選挙の仕組みや制度は学校の授業で学んだが、友人同士で実際の政治について語り合ったことはない」と大井氏。これに対し、竹岡氏は「身近な話題や校内のルール決定に選挙を持ち込んではどうか。給食のメニュー選びや制服と私服の選択などで投票してみる。選挙の意味を理解するきっかけになるはず」とアイデアを披露した。

 横須賀JCでは、多くの人の関心を集めたいと、ショッパーズプラザ横須賀(本町)のオープンスペースを会場に選定。多くの買物客が足を止めて眺めていた。

「動画コン」三浦学苑が大賞

 選挙啓発を題材にした動画コンテストには、全11作品の応募があった。最優秀賞を受賞したは三浦学苑高校の情報研究会に所属する1年生コンビ。18歳でできること、できないことをユーモラスに表現して審査委員の評価を集めた=写真。

 同作品はジェイコム湘南の地域チャンネル、横須賀中央駅、追浜駅にあるデジタルサイネージ(街中モニター)で放映される。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

横須賀ジャズ若き至宝

横須賀ジャズ若き至宝 文化

宮脇惇さん初アルバム発表

6月21日号

イベント・飲食スペース拡充へ

よこすかポートマーケット

イベント・飲食スペース拡充へ 経済

全面リニューアルに事業者募集

6月21日号

後見制度と終活支援

後見制度と終活支援 社会

ヴェルクで市民公開講座

6月21日号

笑いと涙 人情時代劇

演奏聴いてニジェール支援

演奏聴いてニジェール支援 文化

7/7(日) 地球堂で慈善コンサート

6月21日号

人生前向きに

そよかぜバンド

人生前向きに 文化

観客と心一つに

6月21日号

車中泊を快適に

車中泊を快適に 経済

観音崎京急ホテルに専用パーク

6月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

演奏聴いてニジェール支援

演奏聴いてニジェール支援

7/7(日) 地球堂で慈善コンサート

7月7日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク