横須賀版 掲載号:2016年11月11日号 エリアトップへ

「歌を届ける」使命を背に

文化

掲載号:2016年11月11日号

  • LINE
  • hatena

 「吹奏楽の演奏に歌が入ることで、新たな楽しみを感じてもらいたい」――。2014年、海上自衛隊の横須賀音楽隊で初めて「声楽」で配属された中川麻梨子さん。全国に6つある音楽隊のうち声楽を専門とする隊員は、東京音楽隊の三宅由佳莉さんと中川さんの2人だけ。海自の歌姫として今、注目を浴びている。

*  *  *

 大阪府出身。母親の影響もあり、音楽科のある高校で声楽を選んだ。愛知県立芸術大大学院在籍中、音楽隊で募集をしていることを知り「私にとっては就職活動のひとつ」と臨んだ。実技や試験を経て入隊となったが「自衛隊は”固い”というイメージ。学生時代は音楽に没頭していたので、不安ばかりだった」と振り返る。

 入隊後の数カ月は、他の隊員と同様に教育訓練を受けた。6時起床で教務・課業に加え、体力を要する訓練もあり、「辞めたいと頭をよぎったこともあった」。だが「歌を届けたい」という夢であり目標が、自らを奮い立たせた。

*  *  *

 配属から約2年、朝7時から発声練習を始め、9時には全体合奏―。そんな毎日を送っている。同隊の管轄は岩手から静岡まで。イベントやコンサートは、ほぼ毎週。季節や主催者の要望、流行などを考えたステージプログラムの企画・台本作りにも携わっており、司会も担当する。数少ない歌い手として、1人で他の音楽隊の演奏会に出演したり、式典で国家斉唱を任されることもあるという。

 戸惑ったのは、これまで学んできたクラシックとは違うジャンル。「アナと雪の女王ばかり歌っていた時期もありました」と苦笑する。ポップスでは歌い方も変わるため、周囲のアドバイスを受けながら、自分らしさを模索している。併せて、「専門としてクラシックの技術も研鑽して、広げていきたい」と意気込みを語る。音楽隊に入り、好きになった曲がある。江利チエミさんの「テネシーワルツ」だ。数々の歌との出会いが、自分の視野を広げてくれたと感じている。

*  *  *

 音楽漬けの日々の中で、息抜きは買い物やグルメ。普段は、カラオケも好きだが「マイクを持って歌うのが慣れなくて」と話す。イベントの司会では「歌の場面と違って、標準語に苦戦しています」とはにかんだ。

横須賀版のローカルニュース最新6

海の安全 家で学ぶ

うみかぜカーニバル

海の安全 家で学ぶ 教育

5月23日 Zoomで

5月14日号

補助金・助成金のいろは

補助金・助成金のいろは 経済

種類、申請方法など解説

5月14日号

ジャズの街に響いた音色

横須賀HUMAXシネマズ

ジャズの街に響いた音色 文化

トランペッターの黒田氏

5月14日号

ドブ板に小さな大神社

ドブ板に小さな大神社 社会

ご当地お守り販売PR兼ね

5月14日号

「コロナに脅かされない」

「コロナに脅かされない」 社会

医療講演と意見交換会

5月14日号

「地域資源」マップで紹介

「地域資源」マップで紹介 社会

市民団体が作成

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter