横須賀版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

平作川 不法係留ゼロでスッキリ 多い時で540隻が完全撤去

社会

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
プレジャーボートが完全撤去された平作川
プレジャーボートが完全撤去された平作川

 長年にわたりプレジャーボートが不法に係留されている平作川で、県の働きかけで自主・強制撤去が進み、多い時で約540隻あった船体がゼロになった。強制撤去・保管などにかかる費用はすべて公費で賄われ、県は今後処分費用を持ち主に請求していくという。

 マリンレジャーブームが高まったバブル期に急増した不法係留船。1996年度の調査で約540隻を確認し、以降は船の所有者に自主撤去を促す案内書の送付やマリーナ利用の呼びかけなどしてきたがこれに応じる者は少なかった。こうした状況下で、神奈川県横須賀土木事務所では、2008年度から不法係留対策の周知、自主撤去の促進、強制撤去の3本柱で展開。河口が直接東京湾口に向かって開いている平作川は高潮や津波の影響を受けやすい。11年に発生した東日本大震災で、河川の係留船の流出事故が多発したことなどを受け、対策を急ピッチで進めた。昨年3月までに80隻にまで減らし、今年度内の不法係留船ゼロを目指していた。

持ち主に費用請求

 80隻のうち持ち主がわかるものが61隻で、39隻が自主撤去に応じた。「強制撤去の様子を直接見たり、自分で撤去するほうがかなり安く済むと気づいたりした人が多かった」と同事務所の担当者。また、テレビや新聞など、問題がメディアで取り上げられたことも自主撤去促進につながったと分析する。

 残りの22隻と持ち主が不明な13隻は行政代執行によって取り除かれた。暫定係留期間として定められていた2015年3月以降は撤去・保管に係る費用は、船の所有者に請求。しかし「ほとんどが応じてくれないのが実情。すべて公費で賄われている」と担当者はこぼす。昨年度強制撤去されたのは9隻でそのうち応じたのは未だ1件のみ。

 今後の防止策については、張り紙や看板等で周知していくほか、河川に横断防止のブイを設置し河口からの侵入を防ぐ。

 河川沿いに住む会社員男性は「昨年から急速に減った気がする。流出事故の危険性もあったので、ほっとしている」と話した。


撤去費用は1隻100万円

  1隻あたりにかかる費用は撤去・保管・廃船を含め100万円程度。船の大きさによっては200万円前後するものもある。持ち主が判明している場合、撤去・保管は傷をつけないよう配慮して作業が行われるため、より費用が掛かってしまう。

横須賀版のトップニュース最新6

イスラエルチーム誘致

横須賀市

イスラエルチーム誘致 スポーツ

五輪前の柔道キャンプ地に

6月14日号

シニア世代 輝きもう一度

シニア世代 輝きもう一度 文化

60歳以上の新劇団立ち上げ

6月14日号

久里浜にマリノス練習場

久里浜にマリノス練習場 社会

2022年に部分供用開始

6月7日号

谷戸活性のアイデア求む

横須賀市

谷戸活性のアイデア求む 社会

最大100万円を補助

6月7日号

若き才能 横須賀から発掘

公開音楽オーディション

若き才能 横須賀から発掘 文化

来月8日に最終審査

5月31日号

授業中の脳活動可視化

東京大教授ら

授業中の脳活動可視化 教育

三浦学苑で日本初の実証実験

5月31日号

準備工事が開始 8月着工

横須賀火力発電所

準備工事が開始 8月着工 社会

市民団体は中止運動を加速

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

浦賀町民の日常

講演会

浦賀町民の日常

「史料」に見る与力・同心

6月29日~6月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク