横須賀版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

『居酒屋おやじがタイで平和を考える』を上梓した 松尾 康範さん グリーンハイツ在住 48歳

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena

タイと日本「食」で平和語る

 ○…「全品300円均一」「3000円で飲み放題・食べ放題」。街中で見かける居酒屋の看板だ。これを裏側で支えているのは安価な輸入食材。海外の生産地では、過酷な労働や農薬使用による環境破壊など、経済の歪みが数々の問題を生じさせている。経済がますますグローバル化する社会情勢でこの流れを断ち切ることはなかなかできないが、「伝えることで一石を投じたい」と、タイで30年間行ってきた農民の支援活動を1冊の本にまとめた。「居酒屋のおやじがカウンター越しに話していると思ってもらえば」と笑顔で話した。

 ○…大学時代にタイを初めて訪問、ボランティア活動に目覚めた。卒業後すぐ、会社員生活に見切りをつけ、寿司店で働き渡航費を稼いだ。タイ最貧地帯といわれる東北部イサーンでグローバル化に抗う農民を支援するNGO活動に参加。有機農業や地場の市場づくりを指導。日本でも広がりつつあった「地産地消」「身土不二」の概念の普及にも奔走した。搾取の構造の転換を命題とした。

 ○…安心して口にできる食材を求める日本の消費者を増やすこと。人々の意識が高まることで農や食の世界で危ぶまれている現実に目が向けられる。タイをはじめとするアジア諸国の経済的自立にもつながるという。課題解決のひとつとして「地産地消」「身土不二」の世界が平和を創ると疑わない。

 ○…京急久里浜駅至近に今から10年前、客席17席の居酒屋「百年の杜」をオープンさせた。「人と人、生産者と消費者を結び、豊かな食を守っていく」ことがコンセプト。店舗経営はタイを中心とした国際交流の延長線上にあるもので、自身の活動の実践の場としている。理想の実現と経済活動の両立。大きくすることに興味はない。

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook