横須賀版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

童話や唱歌などを大人数で歌う「NPO法人 さくらの会」の会長を務める 原 洋子さん 鴨居在住 77歳

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

「下手でいい」から楽しい

 ○…会員3千人を誇る市内最大の歌の会をまとめる。ジャンルは童謡や唱歌、世界民謡などさまざま。毎回、プロの音楽家を講師に招き大合唱する。今年で発足17年目。月に1度の活動は来月でちょうど200回を数える。「立ち上げた時はまさかこんなに大きくなるとは思わなかった」と笑って振り返る。

 ○…昔から歌うことが好き。17歳の時、勤めていた工場の労組青年婦人部の歌サークルに没頭。歌やダンスなど、舞台上でも披露していた。職場を離れて以降は歌う機会は減ったが、生活にいつも音楽があった。「朝、目覚まし時計の代わりにカルメンを流すのが日課だったわ」。子育てに区切りがつくと仲間で集まり歌のサークルを結成。最初は衣笠公民館を会場に14人ほどだった会員はみるみる増えていった。

 ○…なぜ人が集まるのか。その秘訣はスローガンにある。「下手でいい!下手がいい!」―。誰でも気軽に来られるようにと決めた合言葉。「歌に自信がなくても、大勢いるから気にせず楽しめる。ふらっと参加できるのが一番」。約1千人の合唱は、まるで巨大な”歌声喫茶”。心地よい連帯感が評判を呼び、会員のほとんどが口コミで集まった人ばかりだ。

 ○…「渦潮のような人」と仲間の一人が表現する。決して引っ張っていくタイプではないが、周囲が彼女のために何か力になりたい、支えたいと、自然に人を巻き込んでいく。「会長らしいことは何もしてない。天気が晴れるように祈ることくらい」と冗談も。気さくな性格で場を和ませるのも役割の一つだ。「会員が多くて全員の顔は覚えられない」。それでも、せめてあいさつだけは、と会場の入り口に立ち参加者と言葉を交わす。そんな律儀な姿勢に周囲は惹き付けられていく。

横須賀版の人物風土記最新6

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

山口 莉央さん

「空道」の全国大会に5年連続で出場する

山口 莉央さん

湘南鷹取在住 16歳

11月8日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

早川 崇文さん

被災地支援を目的としたNPO法人「From Yokosuka」で代表を務める

早川 崇文さん

長沢在住 38歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク