横須賀版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

横須賀発、大人ジーンズ ご当地ファッションの新顔

経済

モデルが着用。細身のシルエットが特徴
モデルが着用。細身のシルエットが特徴
 横須賀を冠したジーンズブランド「横須賀ジーンズ商会」を池田町在住の石渡稔さん(51)が立ち上げた。商品化第一弾となる「ワンタックスリムジーンズ」が先ごろ完成、年明け以降本格的な販売に踏み切る。オシャレから遠ざかっていた50代以上の男性をメインターゲットとしており、新たなファッションスタイルを提案する。

 電設業を営む石渡さんが新会社を立ち上げてファッション業界に参入を決めたのは、「求めるジーンズを手に入れるため」だ。50歳を過ぎて自分の体型に合うジーンズがなかなか見つからない。スリムタイプが好みだが、腹回りにサイズを合わせるときれいなラインが出ないことが悩みだった。

 そんな折に思い出したのが70・80年代の横須賀で流行した”マンボスタイル”。タックで太ももにゆとりを持たせ、足首にかけて細くなっていくシルエット。ファッション性と穿き心地を融合させた「横須賀発の大人ジーンズ」のコンセプトが頭に浮かんだ。

 国内でジーンズ製造が盛んな岡山県倉敷市の縫製工場にデザインを持ち込み直談判。リベット(鋲)やボタン、皮ラベルもオリジナルを用意して商品化を実現した。

 クラウドファンディングを活用した先行販売では、2カ月間で55人の購入希望者が現れるなど上々な滑り出し。一般販売は2月中旬を予定、ホームページ(【URL】https://www.yokosuka-jeans.com/)で注文を募る。価格は税込1万7240円。

「穿きやすく進化させた」

 「加齢による体型変化をカバーしつつ、ベルト不要のALWAYS JUST FITなジーンズ」-。

 横須賀ジーンズ商会のブランドコンセプトを熱っぽく話す石渡さん。その思いを形にしたのがワンタックスリムジーンズだ。フィット感を重視して伸縮するストレッチデニムを採用、腰回りもシャーリング加工(ゴム入り)とするなど穿きやすさにとことんこだわったという。

 「タック入りジーンズを横須賀発のファッションブランドとして定着させる」。石渡さんはそんな野望を抱いている。ホームページの宣伝文句が印象的だ。「つべこべ言わずに穿いてみな」

石渡稔さん
石渡稔さん

横須賀版のトップニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

軍港都市横須賀の歴史

軍港都市横須賀の歴史

セミナーと音楽隊演奏

12月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク