横須賀版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

京急田浦駅前開発事業 ニュータウン計画再開へ 共同住宅3棟411戸など

社会

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
開発予定地付近=3月26日撮影
開発予定地付近=3月26日撮影

 船越町3丁目付近で中断していた宅地開発が再び動き出そうとしている。名称は「(仮称)京急田浦駅前ニュータウン計画開発事業」。事業者は藤沢市に本社を置く株式会社丸山工務所で、約6万平方メートルの土地にマンション3棟411戸と戸建て住宅27戸が予定されている。

 今月19日に開かれた横須賀市の「大規模利用行為連絡調整会議」の資料によると、計画地は京急田浦駅西側から船越防災トンネル付近に続く約6万平方メートルの敷地。事業者は藤沢市に本社を置く丸山工務所で、マンション3棟計411戸や戸建て住宅27戸のほか、コンビニエンスストア、保育園、公園を設ける計画となっている。また同事業の最終段階として、京急田浦駅の西側に改札口を設けてもらうよう京急電鉄株式会社と交渉する方向。上りホームに続くエレベーター・階段を設け、直接敷地に接続する計画だという。

約10年間の中断

 京急田浦駅前の宅地開発事業は、2005年に別事業者が開発許可を取得した後、翌06年からマンション2棟に着工。樹木伐採、造成掘削等の段階まで着手していたが、当時の住宅販売の不動産会社が倒産したことによって、08年頃から工事が中断となっていた。

 開発予定地に隣接する船越町4丁目在住の会社員は「やっと動き出したという印象。まちがにぎやかになってくれたらうれしい」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

「働く+休暇」に熱視線

道路の損傷 LINEで通報

横須賀市

道路の損傷 LINEで通報 社会

市民が投稿、早期対応へ

4月9日号

「横須賀の恩人」偉業を回顧

デッカー司令官

「横須賀の恩人」偉業を回顧 社会

市民グループがパネル展示

4月2日号

「地域密着型バスタ」整備へ

追浜駅前

「地域密着型バスタ」整備へ 経済

バス停集約、駅直結の複合施設

4月2日号

「眠る戦跡」一般公開へ

貝山地下壕

「眠る戦跡」一般公開へ 文化

認定ガイドが案内

3月26日号

コロナ生還 実体験レポ

市内在住佐竹さん

コロナ生還 実体験レポ 社会

体調変化、隔離入院生活を本に

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク