横須賀版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

横須賀市 谷戸活性のアイデア求む 最大100万円を補助

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
市が「谷戸」として設定する汐入町
市が「谷戸」として設定する汐入町

 横須賀市は、谷戸地域の活性化を目指し、空き家を活用した地域交流拠点を創出する取り組みを募集する。応募の中から選ばれた企画1件に対し、事業費として最大100万円(補助率4分の3)を補助する。

 丘陵地に細い路地や階段が入り組む「谷戸」と呼ばれる地域を再生・活性するアイデアで、空き家・空き店舗を活用し、コミュニティを創出するとともに継続運営できることが条件。改修に係る設計・工事費や材料費など、最大100万円を補助する。昨年度も同様にアイデアを募ったが、相談は複数あったものの応募には至らなかった。これを受け市は、補助率を2分の1から4分の3に引き上げた。

実現・継続性を審査

 市が設定した69の谷戸地域を対象に、店舗利用やボランティア活動の拠点など、谷戸再生のきっかけとなる企画を募る。また市は昨年から、芸術家を招き谷戸に住んでもらう「アーティスト村」の取り組みを進めていることから「芸術家の応募にも期待」と担当するまちなみ景観課の安田憲二さんは話す。

 7月22日(月)まで質問・相談期間として設け、8月1日(木)から9日(金)まで企画を受け付ける。その後23日(金)にプレゼンテーションを実施。収支計画を踏まえた実現性や継続性、地域への効果などを踏まえて審査し、9月に決定。来年3月末までに実行、1年以上継続することが条件となる。

 問い合わせは市まちなみ景観課【電話】046・822・9855

大学生とタッグ

 市はこのほか、谷戸の活性策として、関東学院大学の学生にコミュニティスペースの創出を依頼。同大共生デザイン学科が鷹取の空き家を改修。学生に実際に住んでもらうとともに、地域の交流拠点としての活用を探っていくという。オープンは今夏を目指す。

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク