横須賀版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

おっぱまワイン 名称使えず出荷足踏み 10月末めどに再販売目指す

経済

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
ラベルのないワインがストックされている
ラベルのないワインがストックされている

 追浜商盛会が手掛けるご当地品「横須賀おっぱまワイン」が、法改正によって地名を商品名に使用することができなくなり、新たに出荷できずにいる。現在、新名称とデザインを検討しており、10月末をめどに再販売を目指している。

 「横須賀おっぱまワイン」は2005年、追浜地区のまちおこしを目的に追浜商盛会が醸造と販売をスタートさせたご当地ワイン。関東学院大学の学生が提案したことをきっかけに、空き店舗にワイナリーを設置。商店街が手掛ける国内初のワインとなった。

 国産ぶどう100%で作る「日本ワイン」ではなく、輸入濃縮果汁を水と混ぜて発酵させる「国産ワイン」で、オーストラリア産の濃縮ぶどう果汁を走水の湧き水で希釈。現在はワインの王様と呼ばれる品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」を使った赤と、さわやかな酸味が人気の「シャルドネ」を使った白の2種類を醸造。現在は年間約3千本の生産量がある。商店街のアンテナショップ「追浜こみゅに亭」や追浜地区の酒販店、よこすかポートマーケットなどで販売している。

地名記載が不可に

 昨年10月から日本製ワインの表示ルールが厳格化された。これは「日本ワイン」とそれ以外を区別するためのもの。海外原料を国内で加工するワインの場合、表のラベルに地名や品種、年号を表示することが不可となるほか、「輸入ワイン使用」「濃縮果汁使用」等の記載が義務化されるなど、新たに厳格なルールが定められた。これによって、従来の名称を利用することができなくなってしまった。商店街内にあるワイナリーには、ラベルの張られていない商品が多くストックされている。

 同商店街の織田俊美代表理事は「製造を開始してから14年が経ち、追浜の土産物として定着しつつあっただけに残念」と話したが「名称が変わるタイミングで、新たなPRができたら」と前を向く。現在、関東学院大学の学生や教授らとともに新名称・ラベルデザインを検討中で、10月下旬から11月上旬をめどに再出荷を目指している。

 なお、同ワインを使用したケーキとカレーの名称・パッケージデザインは現行のまま販売していくという。

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

寄付額 前年の約4倍に

横須賀市ふるさと納税

寄付額 前年の約4倍に 経済

オフィス用椅子が人気押し上げ

9月3日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない 文化

最新作オンライン配信

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook