横須賀版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む 倉本 奈菜さん 汐入町在住 24歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

「やりたいことを全部やる」

 ○…「先生居酒屋」と名付けたコミュニティー空間を運営している。ここでの先生は他者の意味。自分の経験だけでなく、他人の経験からも大きな学びを得ようというコンセプト。誰もが先生であり生徒となる。人生のベテランと若者がそれぞれの立場で「人生100年時代」を語り合う。ゲーム・アニメの開発者に魅力的なストーリーの編み方の教えを乞う。先ごろは横須賀の公園活用をテーマに管理者と熱くディスカッション。「ほろ酔い気分で会話を交わせば、相手の素顔も見えてきます」

 ○…「やりたいことを全部やる」と決めた。平日は旅行会社で働く会社員。仕事は充実しているが、「異なる環境こそが成長のチャンス」と感じている。社会人になるまでは、誰かに敷かれたレールに沿って走ってきた。興味のあることを見つけたものの、行動に移さず後悔した経験もある。複数の肩書を持ってアグレッシブに活動していくことが理想だという。

 ○…「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、ワクワクを生み出す仕掛けづくりに考えを巡らせている。「先生居酒屋」の次は、異世代交流の場として「読書会」を企画。本をコミュニケーションツールにして会話を広げていく。「人がどんな本に興味を持ち、人生に役立てているかを知りたい」との思いもある。

 ○…「先生居酒屋」のイベントの冒頭。見る人によって解釈が異なる「だまし絵」をスライド画面で見せて、物事を一つの側面から見るのではなく多角的にアプローチすることの大切を力説した。自身も胸に刻んでいるという。行動の究極の目的は「世界平和」と驚くほど壮大。これをローカルに落とし込んで実現させていくのが目標だ。

お中元商品受付スタート

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。「本物の味」が直売所価格!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

山口 真生子さん

「全国消防職員意見発表会」に横須賀市消防局職員初の出場を果たした

山口 真生子さん

市内在住 27歳

6月24日号

飯田 浩司さん

ニッポン放送アナウンサーとして活躍する

飯田 浩司さん

大矢部出身 40歳

6月17日号

石川 貢さん

クラブユース県優勝の「横須賀シーガルズFCジュニアユース」で代表を務める

石川 貢さん

粟田在住 40歳

6月10日号

藤原 乃愛(のあ)さん

キックボクシング・ミネルヴァピン級で新たな日本王者となった

藤原 乃愛(のあ)さん

大矢部在住 17歳

6月3日号

江口 寛至(かんじ)さん

「カレーの街よこすか」公式テーマソングを作曲した

江口 寛至(かんじ)さん

若松町出身 22歳

5月27日号

大高 歩(あゆみ)さん

プロ野球チーム「神奈川フューチャードリームス」に今年度から所属した

大高 歩(あゆみ)さん

横須賀市出身 25歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook