横須賀版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む 倉本 奈菜さん 汐入町在住 24歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

「やりたいことを全部やる」

 ○…「先生居酒屋」と名付けたコミュニティー空間を運営している。ここでの先生は他者の意味。自分の経験だけでなく、他人の経験からも大きな学びを得ようというコンセプト。誰もが先生であり生徒となる。人生のベテランと若者がそれぞれの立場で「人生100年時代」を語り合う。ゲーム・アニメの開発者に魅力的なストーリーの編み方の教えを乞う。先ごろは横須賀の公園活用をテーマに管理者と熱くディスカッション。「ほろ酔い気分で会話を交わせば、相手の素顔も見えてきます」

 ○…「やりたいことを全部やる」と決めた。平日は旅行会社で働く会社員。仕事は充実しているが、「異なる環境こそが成長のチャンス」と感じている。社会人になるまでは、誰かに敷かれたレールに沿って走ってきた。興味のあることを見つけたものの、行動に移さず後悔した経験もある。複数の肩書を持ってアグレッシブに活動していくことが理想だという。

 ○…「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、ワクワクを生み出す仕掛けづくりに考えを巡らせている。「先生居酒屋」の次は、異世代交流の場として「読書会」を企画。本をコミュニケーションツールにして会話を広げていく。「人がどんな本に興味を持ち、人生に役立てているかを知りたい」との思いもある。

 ○…「先生居酒屋」のイベントの冒頭。見る人によって解釈が異なる「だまし絵」をスライド画面で見せて、物事を一つの側面から見るのではなく多角的にアプローチすることの大切を力説した。自身も胸に刻んでいるという。行動の究極の目的は「世界平和」と驚くほど壮大。これをローカルに落とし込んで実現させていくのが目標だ。

家族葬専用ホール「エニシア」

お客様のご要望に合わせて様々な家族葬をご提案致します

http://www.tatsuwaka-sougi.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

柳川 優平さん

全国大会出場を決めた「横須賀ヤングビッグナイン」の監督を務める

柳川 優平さん

三浦市在住 36歳

3月6日号

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

女流義太夫の三味線方、3月7日に市内で演奏会を開く

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

大津町在住 

2月28日号

山本 佳依(かい)さん

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する

山本 佳依(かい)さん

野比在住 18歳

2月21日号

倉本 奈菜さん

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む

倉本 奈菜さん

汐入町在住 24歳

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク