横須賀版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

横須賀市新年度予算 福祉・子育てに注力 総合窓口開設、ひとり親支援など

社会

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市の上地克明市長は今月13日、2020年度予算案を発表した。一般会計は、総額1578億円で前年度比5・3%減となるも過去3番目の規模。高齢者・障害者についての相談を一括して受け付ける総合窓口を開設するほか、ひとり親家庭の養育費受け取り支援など、福祉・子育てに重点を置く。

 歳入は、市内企業の業績悪化などで、市税収が1・5%減の589億6538万円。市債は廃棄物広域処理施設などの大型建設事業の終了により58億円の圧縮。財政調整基金の取り崩しは52億2千万円となる。

問題の複雑化に対応

 同日の会見では福祉の重点施策として、高齢者や障害者の福祉について、相談を総合的に受け付ける窓口の新設を発表した。介護と育児のダブルケアや、80代の親が50

代の子の生活を支える「8050問題」など、個人や世帯が抱える問題が複雑化していることを受けたもの。これにあたり4月の組織改正で、「地域福祉課」を新設。消防局庁舎1階に同課の相談窓口を開設する。上地克明市長は「困っている人がそこに行けば話を聞いてもらえる、コンシェルジュ的な役割」と話した。同フロアには、成年後見制度の相談窓口や終活支援センターも設置される。

 また、ひとり親世帯に離婚相手が支払う養育費が滞った場合の受け取り保証に関する支援制度をスタートさせる。県内では初めての取り組みだという。

「再興プラン」積極投資

 上地市長が就任時から掲げる「再興プラン」の3年目。「海洋都市」「音楽・スポーツ・エンタメ」「個性ある地域コミュニティ」の3本柱に引き続き積極投資する。

 経済面では横須賀と北九州間の新規フェリー航路就航整備に加え、観光ツアーの造成などを新たに行いポートセールスを強化する。

 集客事業では、2021年2月にヴェルニー公園内に開館するガイダンスセンターを中心としたルートミュージアム整備や集客のプロモーションとしてアニメとコラボしたPRのほかeスポーツの大会を開催する。

 人口減少により希薄化する地域コミュニティの再生にも注力。町内会・自治会の活動費用を増額。また障害者の相談支援として来年度中に、総合福祉会館に基幹相談センターを新設する。

横須賀版のトップニュース最新6

三笠公園 リニューアルへ

横須賀市

三笠公園 リニューアルへ 社会

民間事業者にアイデア求め

6月24日号

さよなら、曲面の名建築

聖ヨゼフ旧病棟

さよなら、曲面の名建築 社会

築80年超の建物 7月末解体

6月24日号

機動救急隊 365日稼働へ

横須賀市消防局

機動救急隊 365日稼働へ 社会

南署へ配置、体制拡充

6月17日号

給食費「当面値上げせず」

横須賀市

給食費「当面値上げせず」 社会

物価高騰に食材変更で対応

6月17日号

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上 経済

タクシー5社がサービス開始

6月10日号

二本立て「プレミアム商品券」

横須賀市

二本立て「プレミアム商品券」 経済

市と商店街がそれぞれ発行

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook