横須賀版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

気候変動の若者アクション「FFF横須賀」で活動している 松本 ひかりさん 池田町在住 20歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

「考えることに意味がある」

 ○…環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが始めた気候変動対策へのアクション「FFF」。その動きが日本国内の若者に広がる中で、今年4月に横須賀でも団体が立ち上がった。掲げる課題は、久里浜の石炭火力発電所建設。SNSで活動を知り、飛び込んだのが今夏。「街の未来を考えると、どうなんだろう」。そんな疑問が出発点だ。

 ○…近くに住んでいるのに、発電所の工事を知らなかった。「思ったらすぐ行動するタイプ」。現地へ自転車を走らせ、大がかりな工事が進む様子を見て「大好きな横須賀の街。他人事ではいけない」と不安を感じた。そこで思い出したのが、3月まで半年間留学していたマレーシアでのこと。現地の友人と「社会に貢献できる、人のために動ける人になりたい」と将来や興味のある事を語り合っていた。高校時代に参加したイングリッシュキャンプでは、SDGsの飢餓問題についてディスカッションする機会を得た。こうした経験や思いの先にあったのが、今の活動だ。

 ○…「沈黙は賛成と同じ」と言われたことがある。社会への問題提起は、ともすると主張だけが強くなってしまう。反対意見をどう受け止めて対話するか。そんな難しさも感じているところだ。今月の”アクション”では自分がマイクを持ち、食と気候変動についてスピーチ。「まずは、考えることに意味がある。そのきっかけを広げていきたい」

 ○…この活動をきっかけに人や社会、環境に配慮した消費行動を指す「エシカル」に関心を抱き、月に数回、県内の農家にも足を運ぶ。「買う・食べるの前に何があるのか。もっと掘り下げて考えたい」。学び・気付きのフィールドは、まだまだ広がっている。

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

高張 広海さん

走り高跳びの選手として日本陸上競技界で活躍してきた

高張 広海さん

岩戸出身 33歳

11月13日号

内田 祥子(よしこ)さん

ピアニストで演奏会や楽曲作品の作編曲を手掛ける

内田 祥子(よしこ)さん

若宮台在住

11月6日号

たちばな いさぎさん(本名:堀場恵子)

漫画家で自宅での看取りをテーマにした本を出版した

たちばな いさぎさん(本名:堀場恵子)

大矢部在住 52歳

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク