横須賀版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した 門井 秀孝さん 大滝町在住 35歳

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

共に成長 共に助け合い

 ○…市内で事業を手掛ける若手経営者らで構成される団体「(公社)横須賀青年会議所」(以下JC)。全国屈指の長い歴史を有するこの組織で、69代目となる理事長に選出された。「メンバーは職種が様々で個性も豊か。『自助・共助・公助』の精神を共有していきたい」と意気込む。

 ○…今年度は「REVIVE YOKOSUKA」がJCスローガン。横須賀経済と地域コミュニティの再興を掲げる。「長年の活動が定着してきた半面、我々に『イベント屋』というイメージを持つ方も少なくない。コロナショックで組織の存在意義や活動の形を改めて考える必要がある」と話す。目指すは地域の人と人を繋ぐ”ハブ”になること。「我々自身も多くの方から刺激を受け、自己成長に繋げていきたい」

 ○…入会のきっかけは先輩の誘い。活動に汗を流す現役メンバーの姿に惹かれて決意。以来約9年、組織を誰よりもよく知る存在となっていった。「長く関わったことでメンバーの特性をよく把握でき、組織作りに役立てられた。理事長になった今、私は皆が上手に機能できるようサポートするだけ」と厚く信頼する。仲間からは「真面目」「面倒見が良い」と評され頼りにされる。歯車はうまく噛み合った。

 ○…生粋のすかっ子。横須賀学院で小中学生時期を過ごし、高校は県横へ。大学院卒業後は一般企業に就職したが、父の入院を機に家業の仏具店へ。厳しくなりつつある業界環境の中でも商機を見出し、今は新たな”仕掛け”の実現に向け、着々と準備中。地域経済の再興は自分事でもある。「JC本来の役目は社会課題解決。コロナ禍でも原点に立ち返ってやれることをやるだけ」。日々変化する状況下でも気持ちはブレない。

横須賀版の人物風土記最新6

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

門井 秀孝さん

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した

門井 秀孝さん

大滝町在住 35歳

1月8日号

木下 美穂さん

図工教室「ず」代表で、「Xmas」をテーマにしたアート作品をパン屋に展示している

木下 美穂さん

馬堀海岸在住 54歳

12月18日号

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「活弁士」と学ぶ無声映画

「活弁士」と学ぶ無声映画

市民大学の特別講座

1月30日~1月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク