横須賀版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く 石田 忠さん 衣笠栄町在住 68歳

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

音に込める「喜怒哀楽」

 ○…半世紀にわたり、ギターを片時も離さなかった。自身の呼びかけで発足した「横須賀ギターアンサンブル」。今月21日(日)には、ウェルシティ市民プラザで無料コンサートを開く。団体ではタクトを振り、メンバー10人の折り重なる音色を観衆に届ける。「伴奏、コード、ビブラートなど、心地良い合奏に酔いしれてもらえれば」

 ○…佐野町出身。幼い頃はフルートを習っていたが、中学1年で父親が趣味として弾いていたギターに触れたのが運命の分岐点となった。ポピュラー、ジャズ、クラシックなど、様々な曲をかき鳴らした青春時代。県立横須賀高校3年次にはギター教室の門を叩き、講師から「プロ級」のお墨付きをもらうほど、才能の片鱗は早くから現れた。大学入学後も”ギター熱”は高まるばかりで、「この道で生きていこう」と卒業を待たず、21歳で「石田音楽院」を衣笠商店街に構えた。

 ○…順風満帆だった生活も店舗経営となると甘くなかった。楽器のローンや家賃の支払いのため、パン屋の運転手と新聞配達の仕事を掛け持ちする日々。そんな辛い時期を支えたのが、立正大学ギター部の顧問として出会った生徒で、後に妻となる淑恵さんだった。結婚後2人はデュオとしてCDをリリース。これが中国で話題を呼び、リサイタルなど音楽家としての依頼が舞い込んだ。苦楽を共にした妻だったが今年1月に病気で帰らぬ人に。「優秀な妻と一緒になれて幸せだった。寂しいけれど、体が動く限り活動は続けていく」

 ○…10年前にYou Tubeを始め、再生回数は300万回以上。月3回の更新が目標だ。「これまで歩んできた人生、その時々で起こった喜怒哀楽を音に乗せて、深みや味のあるギターの魅力を伝えていきたい」

横須賀版の人物風土記最新6

神馬 彩夏さん

横須賀市内で展開する「駅弁半島実行委員会」で事務局を務める

神馬 彩夏さん

浦郷町在住 30歳

5月7日号

阪本 昂平さん

来月3日に金沢区で行われる「金澤能」に出演する

阪本 昂平さん

追浜本町在住 22歳

4月23日号

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter