横須賀版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

横須賀市 道路の損傷 LINEで通報 市民が投稿、早期対応へ

社会

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
市公式アカウントの「発見」ボタンからスタート
市公式アカウントの「発見」ボタンからスタート

 横須賀市は今月1日から、コミュニケーションアプリLINEを使った道路損傷報告を始めた。市民からの写真や現場状況の情報提供で、早期発見と迅速な対応につなげる。

 「歩道が陥没している」「ガードレールが破損している」―など市は管理する道路の損傷などについて、市民から電話や来庁、メールなどで通報を受けている。その数は年間3300件以上にのぼるが、場所や損傷状況等の正確な把握や対応に時間がかかっていた。そこで、市では修繕箇所の情報共有ツールとして、スマートフォンを使った通報(報告)を模索。独自のアプリやLINEメニュー内に導入している他自治体の例を参考に検討を進めてきた。

写真と位置を送信

 今月1日、LINEの市公式アカウントに道路損傷の「発見」ページを開設。状況の分かる写真と位置情報、発見日時や説明を送信し「報告」する流れで、道路の損傷は車道路面、歩道路面、側溝・桝、街路樹などの分類から選択できる。所管する土木部道路維持課が受信確認を行い、自動応答で受付完了のメッセージを送信する。その後、報告の情報をもとに現地調査を行い、応急処置や経過観察などの対応を進める。投稿者の個人情報は特定していないため、場所や受理・作業状況については毎月1回程度、市のホームページに一覧化して公開する。

 市道以外の国道・県道については、発見通報の返信の際に各管理者の連絡先を送り、対応につなげる。「まちの修繕箇所」の情報共有については、昨年9月の市議会で嘉山淳平議員が一般質問しており、「破損や修繕に対応する職員の数は限られている。道路管理を同じように継続していくことは難しい。情報の集約と迅速な対応で事故を未然に防ぐことにもつながる」と提案していた。

発信に積極活用

 市は昨年8月にLINEの公式アカウントを導入。新型コロナや災害・防災関連の緊急情報、子育て支援情報、ごみの分別検索等のメニューがあり、行政文書の電子申請や来庁予約もできる。このほか、独自に妊活サポートや児童虐待防止、認知症サポーターによる不明者捜索、病児保育予約などのサービスで導入している。

 先月、LINEの個人情報について、不備の問題が取り沙汰されたが、市は「外部からの不正アクセスや漏洩の事実はない。画像や動画等の一部を除き、国内のサーバでデータを保存しており、暗号化している。国や事業者の動向を注視しながらサービスは継続していく」と報告した。

横須賀版のトップニュース最新6

ワクチン接種 動画を活用

横須賀市

ワクチン接種 動画を活用 社会

市コロナ対策担当者が解説

4月16日号

手軽な移動で回遊性向上

観音崎京急ホテル

手軽な移動で回遊性向上 経済

電動キックボード貸し出し

4月16日号

「働く+休暇」に熱視線

道路の損傷 LINEで通報

横須賀市

道路の損傷 LINEで通報 社会

市民が投稿、早期対応へ

4月9日号

「横須賀の恩人」偉業を回顧

デッカー司令官

「横須賀の恩人」偉業を回顧 社会

市民グループがパネル展示

4月2日号

「地域密着型バスタ」整備へ

追浜駅前

「地域密着型バスタ」整備へ 経済

バス停集約、駅直結の複合施設

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter