横須賀版 掲載号:2022年6月3日号 エリアトップへ

キックボクシング・ミネルヴァピン級で新たな日本王者となった 藤原 乃愛(のあ)さん 大矢部在住 17歳

掲載号:2022年6月3日号

  • LINE
  • hatena

猛者を蹴散らす緑の閃光

 ○…拳から繰り出される打撃に加え、蹴り技も取り入れた格闘技・キックボクシング。弱冠17歳にして日本チャンピオンを強靭な足で王座から蹴落とした。念願だった高校生での日本一を達成。相手への大きなけん制となる『無敗』のパワーワードは、自身へのプレッシャーとしてものしかかった。「試合まで死に物狂いで鍛えた」。その喜びと『無敗』を守れた安堵から、勝利を語る口元が緩む。

 ○…地元・大矢部で道場を主宰する父の影響で3歳から始めた空手が格闘家への入り口に。当初は泣きながら稽古する日々が続いた。「痛いのが苦手」という兄妹が徐々に離脱していく中、小1で経験した大会優勝をきっかけに「人生が変わった」という。勝つ喜びや相手に打ち勝つコツを掴んでからはまさに水を得た魚。その実力は家のいたるところに飾られる100以上の賞状やトロフィーが物語る。

 ○…小5の時に偶然目にしたキックボクシングの本で、美貌と実力を兼ね添えた伊藤紗弥選手に憧れて方向転換。彼女の背中を追い、八王子にある所属ジムまで通った。その伊藤選手をKO負けさせた敵(かたき)が、今回日本王者の座を追いやられた対戦相手・Ayaka選手だった。まさに因縁。憧れの伊藤選手を間接的に越えてしまったことに戸惑いをみせる。

 ○…1日3時間、週6日通うという岩戸のジム「ROCK ON」が今の拠点。在学する横須賀大津高校ではすでに有名人。担任教諭や友人が試合会場へ応援に駆けつけてくれた。勝負カラーの緑色はもう一人の憧れ、プロレスラーのドラゴン・キッド選手に肖(あやか)った。次なる夢は「無敗のまま世界王者に」と、ラメで可愛らしい目の奥に闘志の炎を再び灯し、更なる快進撃を誓った。

横須賀版の人物風土記最新6

中山 友里さん

MOS世界学生大会2022の「Word部門」で日本代表選考優秀者に選出された

中山 友里さん

根岸町在住 21歳

8月12日号

永原 煌子(きららこ)さん

「全国高等学校ビブリオバトル」の神奈川県予選で優勝した

永原 煌子(きららこ)さん

県立横須賀高校在学 17歳

8月5日号

大和(おわ) 晴彦さん

BMX競技で世界に挑む期待のホープ。強化指定選手として次期五輪もめざす

大和(おわ) 晴彦さん

湘南鷹取在住 20歳

7月29日号

加藤 和之さん

ピースネットワーク横須賀orizuru代表で被爆体験の伝承活動を展開する

加藤 和之さん

米が浜通在住 50歳

7月22日号

山田 佳花(よしか)さん

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)女子5000m競歩に出場する

山田 佳花(よしか)さん スポーツ

佐原在住 18歳

7月15日号

山本 洋志さん

「横須賀古地図くらぶ」共同代表で歴史講座を開く

山本 洋志さん

馬堀海岸在住 58歳

7月8日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook