三浦版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

全国学力・学習状況調査 全教科で平均割り込む

教育

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市教育委員会は、「平成28年度全国学力・学習状況調査」の市立小・中学校の分析結果をこのたび公表した。

 今年4月19日に小学6年生(8校/318人)と中学3年生(3校/348人)を対象に実施された調査で、小・中学校すべての教科で全国と神奈川県の平均正答率をそれぞれ下回っていることが分かった。

 これらは児童と生徒の学力や学習状況を細かく把握・分析することで、教育施策の成果と課題を検証・改善、指導の充実に活用される。教科に関する調査(知識を問う「国語A」「算数・数学A」、活用を問う「国語B」「算数・数学B」)と、生活習慣や学習環境などに関する質問紙調査が行われた。結果については各自治体の判断に委ねられており学校別に公表することもできるが、「序列化や過度な競争に繋がらないようにするため」として、三浦市では公表しておらず、「学力の特定の一部分を測定するもので、学校教育活動の一側面である」との考えを示している。

学習習慣の定着課題

 公表結果によると、小学校では全国平均正答率と比べて、国語A 10・2ポイント、国語B 6・5ポイント、算数A 4・3ポイント、算数B 5・0ポイント下回った。市教委は「全国と比べて依然としてやや低い傾向が見られるが、その差は縮まっている」と評価する一方、「家で学校の授業の復習をしているか」という問いに対し、「している」と答えた割合が全体の37・5%(全国比マイナス17・7%)にとどまるなど、家庭学習の習慣づけが課題となっている。

 中学校でも、国語A6・5ポイント、国語B4・9ポイント、数学A7・9ポイント、数学B7・8ポイントといずれの教科でも全国平均を割り込んだ結果となった。

 市教委は「漢字や計算などの基礎的・基本的な知識、技能の定着や学力の定着に必要な基本的生活習慣や学習習慣の確立について課題は残るが、昨年度に比べて改善された面も見られる」と講評している。

三浦版のローカルニュース最新6

早春告げる水仙咲く

県立城ケ島公園

早春告げる水仙咲く 社会

1月21日号

力作労作を披露

さかえ書道教室

力作労作を披露 文化

1月21日号

「タバコの煙に困っています」

受動喫煙防止ポスター

「タバコの煙に困っています」 教育

初声中・齊田さんが特賞

1月21日号

初心者のための俳句入門

初心者のための俳句入門 文化

2月15日に講座

1月21日号

三浦のいいものマルシェ

三浦のいいものマルシェ 社会

マホロバで1月23日

1月21日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook