逗子・葉山版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

総合病院誘致計画 開設目標2022年度中に 市「引き続き準備進める」

政治

沼間中学校で開かれた説明会
沼間中学校で開かれた説明会
 逗子市は早ければ2020年度中を目指していた総合病院の開設時期を22年度中にするスケジュールを明らかにした。これに伴い、市は説明会を開催。参加した市民からは質問や意見が相次いだ。

 スケジュールの見直しは3月末に発表された今年度の県保健医療計画で、現在109床が割り当てられている選考法人葵会に対する追加配分がなく、「開設時200床以上」が確保できなくなったことを受けたもの。

 平井竜一市長は、団塊世代が75歳になる2025年までに三浦半島で病床が773床不足すると予測している県の医療構想を踏まえ「超高齢化社会に備えるには病床増加が必要。毎年、病床数の見直しを検討するとしているので、引き続き確保を目指す」としている。

質問相次ぐ

 計画スケジュールの変更に伴い、市は5月26日に沼間中学校で、6月3日には市役所で市民説明会を開催した。

 5月26日の説明会には約20人が参加。用地の無償貸与について改めて問う声や、「来年病床が確保できなかった場合はどうなるのか」などといった質問が出た。

 平井市長は「不確定要素が多いため、はっきりとお答えできないこともある。しかし、市民が求める総合病院誘致に向けて引き続き準備していく」と答えていた。

 今後は都市計画手続きなど、建築計画と周辺環境整備を進めつつ、病床の増床を目指す。

 逗子市にとって4度目となる今回の総合病院誘致計画。16年9月にスタートし、運営法人は医療法人社団葵会、候補地は沼間3丁目の市有地約2万2千平方メートルに決まっている。

 問い合わせは市国保健康課【電話】046・873・1111(内線231〜233)へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

草津町との友好 節目祝う

葉山町

草津町との友好 節目祝う

8月3日号

逗子マリーナで事前キャンプ

セーリングスペイン代表

逗子マリーナで事前キャンプ

8月3日号

解体後、有料老人ホームに

葉山研修センター

解体後、有料老人ホームに

7月20日号

市民主導で企画・開催へ

逗子アートフェスティバル

市民主導で企画・開催へ

7月20日号

ドローン活用へ協定締結

葉山町

ドローン活用へ協定締結

7月6日号

長島さんが写真集発売

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク