逗子・葉山版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

葉山町 災害時に商工会と連携 応急対策 会員企業担う

政治

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする柳会長(左)と山梨町長
協定書を手にする柳会長(左)と山梨町長

 葉山町と町商工会がこのほど、「災害時における応急対策の実施に関する協定」を締結した。大規模災害発生時には、地元の業者が公共施設や住宅の応急対策を行い、迅速な復旧につなげる。

 12月12日、町長室で行われた締結式には、山梨崇仁町長のほか、商工会の柳新一郎会長や守谷敏夫副会長、住宅協会会長の宮寺透雄会長らが出席した。

 柳会長は「今年は日本各地で災害が発生した。商工会ではテーマのひとつに『地域の安心・安全』を掲げている。地域で営業する事業者にとっては地元が一番大事なので、官民一体となって対応を考えていきたい」と締結に至った経緯を語った。

 今回の協定は、避難所等の公共施設や住宅の応急補修に特化したもの。外からの応援を待つのではなく、商工会が窓口となり、迅速な応急措置を図ることで、できるだけ多くの人が自宅等で安心して過ごせるようにする狙いがある。

 東日本大震災など、過去の事例では、地元の建設業者が大きな役割を果たした。宮寺会長は「現在、会では初動対応などについて勉強会を開くなど、準備を進めている。我々の専門知識や技術を、いざという時のために役立てていきたい」と話していた。

 東日本大震災の時には、避難所の寒さで亡くなった人もいたことを念頭に、山梨町長は「先日避難訓練で宿泊体験をしたが、その大変さを身をもって知った。万が一の時、一人でも多くの人に自分の家で、いつも通り過ごせるようご協力をお願いしたい」と話していた。

 両者は災害時における葉山ステーション(長柄)の有効な活用方法についても議論。今後、ボランティアの受け入れ方法の検討など、協議を進めていくという。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

2年ぶり開設も対応苦慮

逗子海岸海水浴場

2年ぶり開設も対応苦慮 社会

22日から酒類提供停止要請

7月23日号

粗大ごみの処分方法変更

葉山町

粗大ごみの処分方法変更 社会

8月から一律350円に

7月23日号

イノシシ対策に本腰

逗子市

イノシシ対策に本腰 社会

横須賀市と共同実施

7月9日号

2年ぶりに海水浴場開設

葉山町

2年ぶりに海水浴場開設 社会

ルールと感染症対策を策定

7月9日号

基礎疾患ある人らへ接種開始

逗子市葉山町

基礎疾患ある人らへ接種開始 社会

留学や海外赴任にも対応

6月25日号

民間との対話で情報収集

葉山町給食センター

民間との対話で情報収集 教育

サウンディング型市場調査へ

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter