逗子・葉山版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

全国出場作を上演 開成学園高校演劇部

教育

 今年7月に初の全国大会出場を控えている逗子開成高校演劇部が4月3日(水)、逗子文化プラザなぎさホールで「渚のパンデミック公演」を開く。

 1月に開かれた関東大会で披露したオリジナル作品「ケチャップ・オブ・ザ・デッド」=写真=が「人間の心情をよく描いており、生と死についても考えさせられた」などと審査員から高く評価された同部。この機会に地域住民にも観てもらおうと企画した。

 ストーリーは、ゾンビ映画を作ろうとする3人の青年が本物のゾンビと出会い、一緒に映画を撮るというもの。ユーモアを随所にちりばめながら、生と死、友情など普遍的なテーマを組み込んだ。また、今公演では特別にスピンオフ作品も披露する。午後2時30分開演。入場無料で全席自由。

 問い合わせは【電話】046・871・2062同部顧問教諭へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク