逗子・葉山版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた 大下 利栄子さん 葉山町在住  59歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

感動の共有 原動力に

 ○…一見するとただの絵本だが、開いてみると点字が打たれた透明なシートが挟まっている。日本で唯一、視覚障害の有無に関わらず楽しめる「ユニバーサル絵本」を手作業で製作し、必要としている子どもたちに貸し出している団体「ユニリーフ」の代表を務める。このほど10年間の活動が評価され、内閣総理大臣表彰を受けた。「この機会に誰もが親しめる絵本の存在を知ってほしい」と笑顔で語る。

 ○…視覚障害がある娘が活動のきっかけだった。「当時、点字の絵本には絵がなく、白い紙に点字が打たれているだけ。一緒に読める人もおらず、見ている私が寂しい思いをしました」。転機となったのは、本文を透明シートに点字で打っては絵本に挟み込んで再製本するイギリスの「クリアビジョンプロジェクト」を知ったことだった。これをモデルに2008年、ユニリーフを立ち上げた。

 ○…最初は製作方法から、団体の運営など全てが手探りだった。「普通の主婦だったので一歩一歩、前に進むだけでした」。貸し出しが始まると、子どもたちの反応も返ってくるようになり、リクエストから見て取れる成長が、いつしか原動力となっていった。現在では、12人ほどのメンバーで活動し、月に約10冊が完成するという。今年5月末には、蔵書が1千冊を超えた。

 ○…「点字は人類が発明した偉大な技術」と語り、最近では「触れる絵本」の製作にも力を入れる。登場する建物や動植物をなぞれるよう一枚のシートまとめたもので、道路標識の説明を入れたら「世の中にはこんなものがあるんだね」と感想が寄せられた。子どもたちの好奇心を刺激し世界を広げ、想像力を豊かにする。これからも、そのための種をまき続ける。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

川崎 直美さん

葉山まちづくり協会の理事を務める

川崎 直美さん

葉山町在住 70歳

9月24日号

前島 麻子さん

きかちゃんを救う会の代表を務める

前島 麻子さん

逗子市在住 41歳

9月10日号

岩城 徳郁(のりふみ)さん

鎌倉税務署長に就任した

岩城 徳郁(のりふみ)さん

60歳

8月27日号

待寺 真司さん

葉山町議会第48代議長を務める

待寺 真司さん

葉山町在住 56歳

8月6日号

戸張 雅仁さん

今年度創立40周年を迎えた葉山ロータリークラブの会長を務める

戸張 雅仁さん

逗子市久木在住

7月23日号

中村 慈英(じえい)さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

中村 慈英(じえい)さん

東京都在住 23歳

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook