逗子・葉山版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

葉山町予算案 2年連続で100億円超 扶助費が全体押し上げ

経済

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町は今月5日、来年度の当初予算案を発表した。扶助費の伸びを反映し、前年比2・6%(2億5897万円)増の103億4500万円となった。8年連続のプラス編成で、平成以降最大規模になった。

 国による幼児教育・保育の無償化対応により、扶助費が前年度比18%(2億9963万円)増の19億6488万円となり、全体を押し上げた要因となった。人件費と公債費を合わせた義務的経費は54億7255万円で、全体の52・9%を占めた。歳入面では、個人の課税所得の減少が影響し、町民税は前年比5・1%(1億5286万円)減の28億2492万円。町税全体も前年度比2・6%(1億5065万円)減の56億7862万円となった。

 3期目最初の予算について山梨崇仁町長は「2020年度の政策のテーマは”新たな防災”。風水害対策を中心に防災のあり方を再考するため、担当課で議論を交わしている。避難行動やその支援体制、避難所の運営委員会の開催など、予算には反映されていないが、やるべきことが沢山ある」とした。

 事業別では、昨年の台風被害を受け、防災資機材備蓄食料整備事業1251万円を計上。公共施設整備計画に基づき、来年度は学校給食センター整備事業に5100万円計上した。ゼロ・ウェイスト推進事業では生ごみ分別収集のトライアルに向けた事業を追加した。

 また、地球温暖化対策として、再生可能エネルギーの普及を図る補助対象に、新規で電気自動車購入費を追加。太陽光発電システムや燃料電池システム、リチウムイオン蓄電システムとあわせて200万円を盛り込んだ。東京五輪・パラに向けた事前キャンプの受け入れやのぼり旗の制作のほか、小中学校と協力団体向けの観戦チケット配布費用92万円を計上。町民の機運醸成や町のグローバル化を図る。

 山梨町長は「今回は政策的な経費だけでなく、町民との対話を含めて自分の目で確認していく必要を感じている。これから公共施設への大規模な支出が見込まれているので、無駄がないよう気を引き締めて財政運営にあたる」と語った。

「江戸前場下町」開店記念特売

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。2月28日(金)~3月1日(日)

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク