逗子・葉山版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

新型コロナ 休校措置に子育て世帯苦慮 食で応援の輪 広がる

社会

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス対策の一環で、逗子市と葉山町は、3月3日から25日(水)まで公立小中学校を臨時休校とした。校庭は開放されているが、子育て世帯は対応に苦慮している。こうした状況を受け、飲食店や市民が親子の負担軽減に向けた動きを始めている。

 「逗子市立小学校では、登録制のふれあいスクールを平日の午後2時から5時まで実施している(保護者の同行不可)」。また葉山町では、平日午後1時から4時まで、校庭を使えるようにし、保護者が管理・引率のために同行することも可能とした。

 いずれも、小中学生の自宅待機におけるストレス緩和や、親の負担軽減を狙ったものだが、長柄在住で小学生の子を持つ母親は「お昼の用意も大変。この先どう過ごせばよいのか」と戸惑った様子で話した。

弁当を配達

 子どもたちの「昼食問題」に対し、飲食店や市民団体が手助けする取り組みを始めた。

 「Seedling kitchen逗子」(逗子市逗子5の4の29)は、お子様ランチとお子様弁当を半額の320円で提供。通常は注文金額が5400円以上で行う配達を、逗子葉山エリア限定で1個から届けるサービスを開始した。初日から反応があり、ニーズの高さを実感しているという。平日限定で3月19日(木)まで。問い合わせは【電話】046・876・9878へ。

 また、葉山町で「こども食堂」などの活動を行っている「はやま食卓プロジェクト」(清水明絵代表)も、食でサポートを行う。給食休止により行き場をなくした食材などを使った弁当を、数量限定100円で提供するという。

 期間は3月6日(金)と9日(月)〜14日(土)。ホームページ【URL】https://kodomo.hayama-shokutaku.net/で予約を。問い合わせは【携帯電話】090・8809・1834清水さんへ。 (3月3日起稿)

逗子・葉山版のトップニュース最新6

空き家バンク活性化へ

空き家バンク活性化へ 社会

助成事業受付3月末まで

1月7日号

植物との暮らし後世に

植物との暮らし後世に 文化

(一社)はっぷが書籍刊行

1月7日号

「4年の成果出す年に」

「4年の成果出す年に」 政治

任期最終年の抱負語る

1月1日号

「対話通じ諸課題に着手」

「対話通じ諸課題に着手」 政治

3期目折り返しの年 抱負語る

1月1日号

いざ、「鎌倉殿の13人」

大河ドラマ特別インタビュー

いざ、「鎌倉殿の13人」 文化

出演・中村獅童さん語る

1月1日号

県内唯一の全国入賞

聖和学院中及川さん

県内唯一の全国入賞 教育

警察庁の作文コンクール

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook