藤沢版 掲載号:2015年8月14日号
  • googleplus
  • LINE

設立2年目を迎えた藤沢のプロバスケットチーム「SUNS.EXE」の選手兼オーナーを務める 石田 剛規さん 片瀬在住 32歳

バスケ界を照らす太陽に

 ○…藤沢を本拠地とする3人制のプロバスケットチーム「SUNS.EXE(サンズ ドット エグゼ)」。プレイヤー兼オーナーを務める傍ら、別の5人制チームにも所属し、幅広く活動している。昨年7月、3人制リーグ誕生を機にチームを結成。「もっとバスケを広めていきたいけれど、1年ごとの契約選手という立場では、長期的な目線での活動ができない。リスクがあっても、オーナーとしてアイデアを表現できる足場を増やしていきたいと思った」。覚悟をのぞかせる。

 ○…茨城県水戸市出身。中高校ともに県選抜メンバー、大学ではインカレ優勝、入団したプロチームでは、「U―(アンダー)24」の日本代表など、その経歴は華々しいものばかり。しかし、スター選手としてのおごりや自惚れは一切感じられない。「入団1年目で怪我をしてしまって。思い通りにいかない苦しさや、沢山の人に支えられてきたことに気づかされた」と謙虚に語る。

 ○…沖縄での遠征試合が心に残っている。初日は惨敗で、ホームの千葉から応援に来たファンに、『チームに元気がない』と言われる始末だった。「わざわざ時間とお金をかけて来てくれたのに、プロとしての責任を果たせていない」と悔しさが募った。翌日、がむしゃらにプレイすると、相手チームのファンからも『お前、頑張ってたな』と、喜ばしいエールが届いた。「ファンサービスや立ち振る舞い、魅せ方などを考えるきっかけになった」

 ○…慶應大SFCに通っていたこともあり、藤沢へ。ストリートバスケの不良っぽいイメージを払拭するには、湘南のさわやかさは最適で、チームも太陽をイメージした。「マイナーな競技なので、『試合を見に来て』だけでは足りない。興味がない人にも関心を持ってもらえるように、ビーチクリーンなど、直接バスケとは関係ないような活動を通じて、自然と足を運びたくなる場にしたい」。地域にとって、バスケ界にとって『太陽』のような存在を目指す。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク