藤沢版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

片瀬江ノ島駅前広場 車道廃止、計画白紙に 住民猛反発で市断念

社会

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena
片瀬江ノ島駅前広場(上)と計画の見取り図
片瀬江ノ島駅前広場(上)と計画の見取り図

 藤沢市が計画していた、小田急線片瀬江ノ島駅前広場の車道廃止が事実上白紙になったことが1日、明らかになった。市は歩行者の安全管理などから、東京五輪開幕までの整備完了を目指していたが、車道を生活道路として利用する近隣住民から反対意見が続出。「現状のまま計画を進めることは不可能」と判断した=中面に関連記事。

 対象となっているのは、駅前広場を南北に縦断する長さ約50mの車道。北側を住宅街、南側を国道134号線と繋ぐ市道と接続している。

 市によると、駅前広場は民有地で1957年に都市計画決定。同電鉄が2020年東京五輪に向けて駅舎を整備する時期と合わせて、市が再整備する予定だった。

 駅前広場は特に観光シーズンは多くの歩行者が行き交う一方、現状は歩行者と車両との動線が混在。市は安全確保のためとして今年7月に車道廃止を決定した。

 だが、計画を知った近隣住民から生活道路が利用できなくなることや市が示す迂回路案などについて不満が噴出。10月23日には「小田急片瀬江ノ島駅周辺の安全を守る会」(岡本美江代表)が355人分の署名を添え、車道廃止の中止を求める要望書を市に提出していた。

 1日、片瀬市民センターで行われた住民説明会で市担当者は「地元からこれだけ反対がある中で、計画を進めることは不可能。一度立ち止まって考える必要がある」と述べ、事実上、車道廃止を白紙撤回することを認めた。今後は安全確保策などについて警察や住民と意見交換しながら計画を再検討するとしている。

藤沢版のトップニュース最新6

「触れる彫刻展」続け30回

白旗在住桒山さん

「触れる彫刻展」続け30回 文化

24日まで市民会館で開催

10月22日号

消費喚起へ電子商品券

消費喚起へ電子商品券 経済

来月1日から購入受付

10月22日号

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook