藤沢版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

藤沢市 食害生物駆除に本腰 磯焼け対策 魚介放流阻む 

社会

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
海底でのウニ駆除の様子(提供:江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト)
海底でのウニ駆除の様子(提供:江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト)

 カジメやワカメ、アラメなど海に育つ海藻の藻場が減少・消失する「磯焼け」が世界的に広がっていることを受け、藤沢市は今年度から、原因の一つと考えられている「食害生物」の駆除に本腰を入れる。

 相模湾の水産業発展のためこれまで、藻場保全に取り組む地域団体の補助を行ってきたが、市主体の事業として、江の島片瀬漁業協同組合とともにウニなどの調査と駆除にも取り組む。



 市はこれまで市内水産業の発展を目指し魚介類の放流に取り組んできたが、2020年から2カ年行ったアワビの放流など一部の種では定着に難航。原因にこれらが育つために必要な藻場の減少があると考えた。

 藻場の減少は、温暖化による海水温上昇で特定の生物が増殖、生態系バランスが崩れることが影響していると考えられている。中でもウニやアイゴなど海藻を食べてしまう生物を「食害生物」と呼び、全国的に駆除などの対策が行われている。

 藻場の保全に関して市は、豊かな海の維持やPRに取り組む市民団体「江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト」が行う保全事業に補助を行ってきた。磯焼けの進行が深刻化する中、新たな事業に取り組み、本腰を入れる形だ。

 今年度の事業では、相模湾で増殖が顕著なムラサキウニの生態調査と駆除を予定する。作業は江の島片瀬漁業協同組合と協力。国内でウニを駆除した後に藻場が回復した事例を参考に、まずはこれらの食害生物がどれくらい生息しているかなどの調査と駆除を目指す。

 農業水産課は「食害生物駆除に取り組むことで磯焼けから藤沢の宝、豊かな海を守り、水産振興を図りたい」と話した。

消えた江の島のカジメ

 「磯焼け対策は急務」と話すのは、江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト代表の北村治之さん。江の島近郊海底に広がる藻場の保護保全に7年前から取り組んできたが、昨年、カジメ藻場の消失を確認した。

 藻場の生態は謎も多い。江の島では3、4年前から急激にカジメが減少。種の素の海底設置などに取り組み20年10月に新たなカジメ藻場の再生を確認したが、しけなどの影響か2カ月を待たず消失。種から育った幼体も食害が確認された。現在の調査では、特にスズキ目のアイゴによる被害が深刻という。

 「藻場の別名は『海の森』。食害生物に罪はないが、藻場の消失は、生態系全体に影響を及ぼす。海の危機を知ってほしい。地域で広く取り組みたい」と呼び掛けた。

江の島で行われていたカジメ保全活動(提供同)
江の島で行われていたカジメ保全活動(提供同)

藤沢版のトップニュース最新6

黙食緩和は「時期尚早」

学校給食

黙食緩和は「時期尚早」 教育

飛沫感染防止を優先

6月24日号

藤沢勢2校が全国へ

県高校総体サッカー

藤沢勢2校が全国へ スポーツ

湘南工大付属は35年ぶり

6月24日号

利活用へ県が事業者募集

かながわ女性センター跡地

利活用へ県が事業者募集 社会

観光交流施設など想定

6月17日号

1泊5千円引き 市補助へ

限定の観光体験も

1泊5千円引き 市補助へ 経済

「宿泊型観光」推進へ新事業

6月17日号

給食費、高騰分補填へ

藤沢市

給食費、高騰分補填へ 社会

保護者負担回避へ予算案

6月10日号

「脱炭素」へ取り組み加速

藤沢市

「脱炭素」へ取り組み加速 社会

CN都市ガス、市庁舎で導入

6月10日号

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook