神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

江の島ティラノサウルスレース実行委員会の実行委員長を務める 坂本 智史さん 鎌倉市在住 37歳

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

裸足でラン、味わって

 ○…それは日常からの解放だ。足を覆う靴を脱ぎ捨て、浜に立つ。指先から白砂の感触をつかみ、潮風を浴び走ることのなんと気持ち良いことか。主宰する「江の島砂浜ダッシュ」に続き、2022年10月から恐竜の着ぐるみで走るティラノサウルスレースを始めたのは、多世代に裸足で走る魅力を知ってもらいたいとの思いからだ。

 ○…プレス工業に勤務。陸上競技部時代はニューイヤー駅伝を6度駆けた生粋のランナーだ。原点は大学時代。一般入学した関東学院大で、対抗心を燃やしたのはスポーツ推薦の入学組だった。長距離走は、地道な努力の結果が成績となって返ってくるスポーツだ。だから「負けたくない」。必死で練習に打ち込んだ。転機は大学が箱根駅伝の学連選抜の出場権を得た2年次。トップ選手の走りを目の当たりにし、4年次に選抜で箱根を走る夢を叶えた。「自分の息遣いと足音しか聞こえない不思議な感覚だった」。あの景色が人生の起点になった。

 ○…6歳と4歳、2児の父。ティラノサウルスレースを始めたのは「子どもは恐竜が好きだから」との思惑もあったが、愛息たちは「何度も着ぐるみを着て飽きちゃって」と苦笑い。4年前に始めた江の島砂浜ダッシュでは、朝6時50分から200mを20本走る。細かな時間設定は早朝の気持ち良さを参加者に伝えるだけでなく、実は個人的な理由も。「妻が出勤する時間までに何としても帰宅しないといけないので」と笑う。

 ○…カラフルな恐竜が砂浜を埋めつくすユニークな光景はお馴染みになりつつある。開催ができるのは、仲間や有志の支えがあってこそ、と周囲への感謝が口をつく。「皆とのつながりが形になったイベント。これからも続けていきたい」

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

片岡 信弘さん

善行雑学大学の代表理事を務める

片岡 信弘さん

立石在住 80歳

5月24日

相原 良美さん

5月1日付で、経営に関わる女性で構成される藤沢商工会議所女性会会長に就任した

相原 良美さん

川名在住 64歳

5月17日

坂本 智史さん

江の島ティラノサウルスレース実行委員会の実行委員長を務める

坂本 智史さん

鎌倉市在住 37歳

5月10日

垰下(たおした) 雅美さん

核兵器のない世界の実現を目指して藤沢市議会に陳情を提出した

垰下(たおした) 雅美さん

稲荷在住 87歳

5月3日

青木 敦さん

4月から藤沢市技能職団体連絡協議会の会長に就任した

青木 敦さん

亀井野在住 60歳

4月26日

松井 眞之さん

設立35周年を迎えた湘南シティ合唱団の指揮者を務める

松井 眞之さん

町田市在住 77歳

4月19日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook