鎌倉版 掲載号:2011年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

消防管理の「特例認定」 市内飲食店ビルは1つだけ 大船の一蝶ビル 日々のチェックで防災意識高く

経済

大船駅のバスロータリーに面する一蝶ビル
大船駅のバスロータリーに面する一蝶ビル

 東日本大震災で全国的に防災への意識が高まっている。二次災害として注意されるのが火災だ。消防法では建物の点検・報告を義務付けており、その管理が一段と厳しい「特例認定」に、飲食店ビルでは鎌倉市内で唯一、大船駅前の一蝶ビルが認められている。

 「特例認定」は、2001年に発生した新宿歌舞伎町雑居ビルの火災事故を受け、03年に施行された「防火対象物定期点検報告制度」によるもの。消防機関に申請して検査を受け、一定期間継続して法令を遵守している場合に認められる。認定されると、点検報告の義務が3年間免除される。

 火災の危険性が高い飲食店ビルとして「特例認定」市内1号店となった一蝶ビル(大船1丁目)は、昨年11月に認定された。

 3階建で、2つのテナントが入っている。各店舗に責任者を設け、避難通路や電気、吸殻、施錠、トイレの様子など、複数の項目を毎日チェックし、記録に残す。また月1回は、建物の梁や柱、壁などの構造確認をはじめ、階段や避難口、ストーブなどの火気設備などのチェックも行う。

 ビルオーナーの(株)一蝶・矢島紀男社長は「消防管理を同じやるならしっかりやろうと思った。飲食店は、不特定多数の方を相手にするので、安全の確保が大事」と話す。同ビルを管理する(有)設備綜合管理・桑原卓三社長は「特例認定といっても、特別なことをする訳ではない。当たり前のことをしっかりやるだけ」と説明した。

 認定にコストは掛からないが、日々のチェック作業などの手間が掛かる。そのためテナントの理解、従業員の協力が必要になる。同ビル2・3階の「せんざん」大船店・天野直樹店長は、「以前から継続してやってきた。今回の震災で、日々のチェックの大切さを痛感している」と協力する。

 防火対象物定期点検報告制度(年1回)の対象建築物は、鎌倉市内で約110件あり、その内、「特例認定」を受けているのは25件と2割程度。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク