鎌倉版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

江ノ電ビル「名店街」 新装し「ことのいち鎌倉」に 全8店舗の展開

社会

3月22日のプレオープンの様子。江ノ電利用者らで賑わった
3月22日のプレオープンの様子。江ノ電利用者らで賑わった

 江ノ電鎌倉ビル(市内御成町)1階の「江ノ電鎌倉名店街」が改装工事を終え、8店舗による複合型施設「ことのいち鎌倉」としてリニューアルオープンした。3月22日に完成レセプションが行われ、プレオープンとして江ノ電鎌倉駅を利用する地元住民や観光客に披露された。

 江ノ電鎌倉ビルは1983年8月に竣工。1階部分の「江ノ電鎌倉名店街」は、改札口内外から買い物ができたこともあり、近隣住民や観光客から広く利用されてきた。

 名店街を運営する江ノ電商事(株)によると、開業から約30年という歳月が経過したことや近年の観光客の増加、今年6月に可否が決定する「武家の古都・鎌倉」の世界遺産登録への機運が高まっていることなどを受け、昨年12月末に施設を閉鎖し、今年1月初旬から改装工事を行っていた。

 新装された「ことのいち鎌倉」には8店舗が入り、駅改札内でのみ利用できる。「セブンイレブン」が新たに入り、以前ニュークイック内にあった「駿河屋本舗」(鎌倉コロッケ)が単独で出店する。200平方メートルの敷地内には「豊島屋」(鳩サブレー)、「井上蒲鉾店」(かまぼこ)、「マミフーズ」(鎌倉ハム)、「アマルフィイドルチェ」(洋菓子)、「鎌倉ほしの」(和菓子)が並び、構内に別棟で建っていた江ノ電グッズショップも施設内に移転した。同社では「鎌倉物産にこだわった店舗・商品の展開」としている。各店舗とも、全国の交通系ICカードを使用しての支払いができる。

 改装前からよく利用しているという坂ノ下在住の三留昭代さん(52)は「コンビニができて便利になった」と話し、由比ガ浜在住の女性(40)は、「乗降客の往来を気にせず、落ち着いて買い物できる」と感想を話した。

 同社の平塚克規社長(63)は「江ノ電鎌倉駅の、1日約2万人の乗降客をいかにして取り込んでいくか。今後、商品の精査、改善に一生懸命努力していきたい」と話した。

 営業時間は午前10時から午後7時まで。セブンイレブンは午前7時から午後8時まで。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

改修終え4月1日再開

フラワーセンター

改修終え4月1日再開

3月30日号

地元企業が共同で「社食」運営

ごみ処理施策めぐり紛糾

鎌倉市議会

ごみ処理施策めぐり紛糾

3月23日号

障害者診療がスタート

市歯科医師会

障害者診療がスタート

3月23日号

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク