鎌倉版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

玉縄地区市有地 地元の声受け売却を保留 市「土地利用改めて協議」

社会

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
大船消防署玉縄出張所(写真奥)隣の市有地
大船消防署玉縄出張所(写真奥)隣の市有地

 鎌倉市が示した大船消防署玉縄出張所隣の市有地の売却方針が、地元の反発を受け保留となっている。この土地は所有者だった女性の「地域のために役立ててほしい」という遺志によって市に寄付されたもので、以前より玉縄地区の自治会などが「地域の拠点となる施設を」と要望していた。市は「土地の利用方法について改めて住民らと話し合いたい」としている。

 大船消防署玉縄出張所隣の市有地(約250平方メートル)の売却は、2014年度当初予算案に盛り込まれ、2月議会に提出された。売却によって得た資金(約4100万円を想定)を、2016年度中に腰越地区に開設予定の「(仮称)腰越老人福祉センター」の建設費用(約2億6千万円)の一部に充てるというものだった。

 しかしこの方針は、地域住民にとって「寝耳に水」だった。市有地にはもともと住居があり、高齢の姉妹が暮らしていた。しかし07年3月に姉が亡くなり、同年12月に発生した火災で妹の女性(当時80歳)も亡くなった。その女性が生前「地域の福祉に活かして欲しい」と遺言を残していたことから、土地と財産は09年に市に寄付された。

「玉縄のために利用を」

 現在、約1万800世帯が加入している玉縄自治町内会連合会。地域では高齢化が進み、高齢者も使用できる公共施設を望む声が以前から強かった。同連合会では「女性の遺志を尊重し、寄付された土地に玉縄地域の拠点となる施設を設置してほしい」と市に要望。市からも「自治会館等の建設の可能性も視野に入れて検討する」との説明を受けていたという。

 そのため突然の売却方針に地元住民は反発。3月には住民有志が松尾崇市長に対し売却の撤回と自治・防災・福祉の複合拠点の設置を求める要望書を提出したほか、4月には玉縄地区社会福祉協議会会長が松尾市長と面談し、同案撤回の要望を伝えた。

 こうした地元の声を受け、市有地の売却は「保留」となっており、5月21日現在、議会に再提案する予定はないという。

 玉縄地区在住の男性(72)は「売却してその資金をほかの地域の施設の建設に充てることは、玉縄地区で長く暮らしていた所有者の遺志を無視するものだ。あの土地は玉縄のために使うべき」と話す。

 市福祉総務課は「所有者の『地域の福祉に活かして欲しい』との遺志があったので、老人福祉センターの建設費に充てることにも、理解が得られると考えていた。土地の利用については、改めて自治会や地区社協と話し合いたい」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク